仕事、退職、転職

40代50代転職活動のコツ 今まで培った知識と経験を最大限PRしよう

こんにちは。ホクホクです。

20代の転職では知識よりもやる気をアピ―ルすべきと書きましたが、40、50代の採用選考となると、企業側も即戦力を期待しているので、今まで専門知識やどんな経験をしてきたかが評価されるはずです。

 

 

自分の能力に合った即戦力採用の人材を探している求人を見つけよう

求人の中には誰でも就業できるような仕事ではなく、ある程度の知識、スキルを習得していないと採用されないものもあります。

もしあなたが今までの職歴を通じて専門的な知識やスキルが身についているのであればそれを活かさない手はありません

問題はあなたの得意とする仕事の即戦力採用求人が出ているかどうかです。

IT関連の知識があれば、今非常に需要が高いのですぐに求人は見つかるでしょうし、経理や法務的な業務であればどこの企業でも扱っている職種のため、比較的見つかりやすいと思います。

私が勤めていた工場でも即戦力採用を行っており、同業種の製造現場の経験がある人は高待遇で採用していました。

即戦力採用で出されている求人は基本的に若い方は雇いません。知識、経験が企業が求めているレベルに達していない可能性が高いからです。

若い人が面接に来て

 

「専門知識があります!」

 

とアピールされても正直採用担当としては大して評価しません。

大学や専門学校で専門的な知識を学んだ若い方はたくさんいるのですが、圧倒的に経験が足りないんです。

知識で知っていても結局は机上の空論でしかありません。

実際に現場でその知識を活用してきた実経験には全く敵わないのです。

工場現場を例に出すと、ずーっと機械設備の説明書を読み込んで、

 

「完全に操作方法理解した!機械設備を操作できる!」

 

と思って実際に触ってみても、うまく操作できずに悪戦苦闘することがほとんどです。

全く説明書を読まずとも、その機械設備を実際に何年も使用している人には全く敵わないんですね。

会社としては机上の知識が豊富にある人材よりも実務経験として体にスキルが叩き込まれている人材を欲しているんです。

だからこそ即戦力採用では若い人ではなく、長くその道を学んできた専門家を探しているんですね。

良く工場現場で働いていた従業員が、事情により転職をしなければならないという時に

 

「私工場現場一筋だったから転職できる自信がないです・・・」

 

と悩んでいる時があります。

何で悩む必要があるんですか!?

工場現場の仕事だって立派な専門的なスキルとして考慮されます。

同じ業種の製造業を営んでいる会社であれば大歓迎してくれるはずです。

もしあなたが、何十年も働いてきたけど専門的なスキル、知識ないなーって思われている方は絶対そんあことはありませんので、今一度考えてみてください。

あなたは長年どんな仕事を経験してきましたか?その仕事を始めて1か月目と5年後では業務効率すごく上がってませんか?

その経験は同じ業種の会社で役立ちそうじゃないですか?

転職先によっては、ある意味ライバル会社の仕事のノウハウを知れる良いキッカケなのでとても重宝される可能性もあります。

が、ここで一つ気を付けなければいけないのが、転職元の仕事で企業機密的な情報を知らされていた場合、転職先でその情報を流出させてしまうと、元勤めていた会社から訴えられかねません。

ほとんどの知識は転職先で活かしても問題ないと思うのですが、元々勤めていた会社で守秘義務契約を個別で結ばされた事項等に関しては決して口外しないよう気を付けましょう。

 

即戦力採用は高待遇!しかしそれだけ求められる能力も高い

ちなみに、即戦力採用はかなり待遇が良いです。

求められる専門性のレベルにもよりますが年収1,000万超える求人だって出ています。

中にはいきなり会社の役員、部長級の待遇で入社できることもあります。

私の会社も過去何回か中途入社の方が部長級の待遇で40代、50代の方が入社されたことがありました。

いきなり年収1,000万超えですよ!羨ましい・・・

ヘッドハンティングというわけでもなさそうだったのでおそらく普通に転職活動をしてて採用された方なのだと思います。

中には全く即戦力にならない人もいらっしゃいましたが・・・

ただ、会社側も求職者に専門的スキルがあるかどうかを見極めるのって非常に難しいんです。

だって、求人のスキルを持っている人が少なかったり、いなかったりするから会社は損戦力したい!と思っているわけで。

採用選考の時にその専門スキルがあるかどうか見極めるってとても難しいことなんですね。

私も即戦力採用を行う時は苦戦したものです。

下手に知識、実務経験がない人を雇おうものなら、周囲の従業員から大ブーイングが起こるんです。

そりゃそうですよね。新入社員が自分の上司に就いて、自分より仕事できなかったらどう思います?

自分より高い給料もらっているのに、全然仕事できず、結局周りの部下が上司に仕事を教え込んでいくことなったら周りから不平不満が出ることは間違いないです。

そうするとせっかく高待遇で入社できたのにすぐに降格処分になることもあります。

即戦力採用は待遇も良いですが、それだけハードルが高いものだと思って採用選考に挑みましょう。

あまり知識や経験がなくても運よく高待遇の即戦力採用に採用されてしまうと、周りの同僚も困るし何より自分自身が一番困ることとなります。

 

もしあなたの専門的な知識がどの程度か判断がつかない場合には転職エージェントに登録して、アドバイスを聞きながら転職活動を進めるのが良いと思います。
転職エージェントは求職者一人に対して専任の担当がつくので、色々細かい部分までアドバイスしてくれます。

優秀な担当エージェントだとあなたの能力に見合った企業をお薦めしてくれるはずです。

さらに、転職エージェントは、待遇が良い非公開求人という情報も結構もっていたりします。この非公開求人は即戦力採用の場合が多く、求人応募者がある程度の専門知識や実務経験を備えており、優秀そうな人材であれば紹介してくれるのです。

あなたの経験を生かして高待遇の転職先を探すのであれば、まずは転職エージェントに登録してみると良いですね。

お薦め転職エージェントは業界最大手リクルートエージェントさんですね。私も過去お世話になりましたが、優秀なエージェントさんばかりでした。

リクルートエージェント

 

ちなみに、私が採用担当時代にお世話になっていた転職エージェントの中には担当者の能力がものすごく低いところもありました。確実に求職者の足手まといになります。

私のお薦め転職エージェントの中には絶対入れませんのでご安心を。

もしあなたが転職エージェントに登録して、あれ?自分の専任担当大丈夫かな?と感じた時には担当を変更してもらったり、登録している会社自体を変えた方が良いかもしれませんね。

また、転職エージェントへの登録とあわせて、普通に転職サイトに得録しているだけでもあなたのスキルを欲しがっている企業からのスカウト、オファーがあるかもしれませんので、いくつかの転職サイトに登録だけでもしておくと、待遇や仕事内容を比べながらより良い転職先を探せると思いますよ。

 

特にミイダスだと、企業とのマッチング機能も付いていたり、あなたの年収を診断してくれるため、使いやすいし楽しいし、ワクワクドキドキしながら利用できるのでお薦めです。

ミイダス

俺もそろそろ転職してみるかなー。給料上がるかもしれないしなー。

えー、先輩そろそろ管理職とかなれそうじゃないですか。そしたら年収1000万超えですよー。勿体ないですよー。

俺の夢はでかいんだよ!年収1億は欲しいんだよ!!

どこの大企業の社長になるつもりなんですか。そんな妄想してる暇あったら、ちゃんと仕事してください。

ホクホク、最近おまえ俺に冷たくないか・・・?俺はちょっとショックだぞ。

 

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です