待遇、労働環境

熱中症が増える暑い時期到来。工場現場等で対策をしていない職場環境の悪いブラック企業に注意!

そろそろ猛暑到来の季節ですね。
夏といえば、そう!熱中症です。

最近では、学校の運動会で何人が熱中症になって搬送されたとか、たくさんニュースになってますね。

会社も従業員のことを考えて熱中症対策をすることが常識になっていると言っても良いでしょう。

あなたの会社はどうでしょうか?

全く熱中症に対して気を遣っていない会社は今ではブラック企業と認定されてもおかしくありません。

ただ、熱中症対策をしていない会社に勤めている人はそれが普通になっているため、あまり気が付かないかもしれません。

今回は工場現場や事務所において本来は企業としてどのような熱中症対策をとらねばならないのかを書いていきます。

もしあなたの職場でこの記事に書いてある内容が一つも実施されていないのであれば、相当ブラックな企業である可能性が高いのでご注意ください!

 

工場現場における熱中症対策

工場現場の中では夏でなくとも猛暑の現場も存在します。

金属類を溶接したり、食品を茹でたり炒めたりする工場はおそらく常に暑いのではないかと思います。

外気温が上昇すると、さらに暑さが悪化することでしょう。

もはや「暑い」ではなく「熱い」と言える職場もあるかもしれません。

特に工場は換気が良くない場所も多いため、建物の中に熱がこもってしまい、外よりも温度が高くなることが多くあります。

そのような場所で従業員の健康を第一に考え、適切な熱中症対策がなされていれば問題ないのですが、もし対策が何もされていない職場だと、次々に従業員はダウンしてしまうはずです。

ちなみに、工場の中で考えられる熱中症対策は以下のような対策があります。

 

<具体的な熱中症対策>

  1. ミネラルウォーターやスポーツドリンクを準備している
  2. 夏場は多めに水分補給の時間をとる
  3. 特に暑い場所にはスポットクーラーを準備する
  4. 塩飴を常備している
  5. ファン付き作業服を使っている

 

工場内が普通の外気温並みであれば、飲み物や塩飴を常備していたり、休憩時間を増やすことでキチンと熱中症対策をとっていると言っても良いでしょう。

しかし、工場内が外に比べて明らかに温度が高い場合にはそれだけでは不十分になってきます。

従業員が従事している場所毎にスポットクーラーを置いて、身体を常に冷やすことができたり、従業員が動き回るのであればファン付きの作業服を着用して、体温の上昇を防ぐための工夫をしなければなりません。

ここまで大がかりな対策となるとそこそこの金額の投資が必要になります。
大企業であれば問題なく準備できるかもしれませんが、中小企業になると全従業員分の数を準備することが一苦労の可能性もあります。

ただ、従業員の健康問題、時には命にまでかかわることなので、多少お金がかかろうとも、ちゃんと工場に備えおいていないと、会社自身が今後困ることに間違いありません。

あなたの会社を考えてみた時にはどうですか?

 

「現場めちゃくちゃ暑いけど、飲み物しか置いてない!」

 

ということはありませんか?

さらに、飲み物や塩飴すら置いていないところは赤信号です!

いつ従業員が倒れてもおかしくない職場と言えるでしょう。

むしろ、今まで周囲で勤務中に倒れたり、体調を悪くして座り込んでしまったりする人が少なからずいるのではないですか?

 

工場だとトラブルも度々生じるため、

「休憩よりトラブル対応優先!」

の精神が体調不良に繋がることも多いです。

休憩の時間だけど、今はトラブルが起こっているから改善対応を優先し、結果として長く猛暑の現場で作業をし続けて熱中症で倒れるということもしばしばあります。

トラブルが起きた時には休憩が先延ばしになっても仕方ないことはあるのですが、それでも本来は従業員の健康第一でなければならないはずです!

トラブル対応時でも体調が悪くなった時には上司に報告して休ませてもらうことは非常に重要です。

体調が悪いけど、代わりの従業員が居ないから無理をして仕事をしているような職場は明らかにブラックと言えるでしょう。

 

事務所における熱中症対策

熱中症対策が必要なのは必ずしも現場作業している従業員だけではありません。
事務所でパソコンを前に仕事をしている従業員にも同じことが言えます。

もちろん、工場現場内で働いている従業員に比べれば、快適な環境で働いているはずなのですが、会社の考え方によっては、過酷な環境で事務作業をしている職場もあります。

例えば、電気代節約のためにケチってエアコンを使用していない職場。

これはいくら身体を動かさない事務作業でも辛いものがあります。

私が従事していた職場でもエネルギー代節約のためにエアコンの温度は下げすぎないようにしていましたが、これが顕著になって、夏場でもクーラーを使用しない職場は事務作業でも熱中症になる可能性は高いです。

そもそも暑い中で事務作業をすると、仕事の効率も大きく低下してしまうため、エアコンの費用すらケチっている会社や事業所は逆に大きな損をしていると私は思います。

 

まとめ

熱中症対策等の従業員の健康を維持するための費用は、一種の従業員への投資とも言えます。

たかが熱中症対策と言って、侮ることはできません。
対策をキチンとしていない会社、企業は従業員の待遇や給与も低いと予想できます。

従業員への投資をしていない会社は長く存続することもできません。

従業員の入れ替わりも激しくなり、長く勤める人が少くなって、ベテラン従業員が育ちませんし、待遇が悪いという悪評はSNS等ですぐに広まります。

そして優秀な新入社員を獲得する機会を失うのです。

「たかが熱中症対策、されど熱中症対策」なのです。

あなたも自分の職場を振り返ってみて、つらい環境での業務を強いられているのであれば、転職を検討することも必要だと思いますよ。

今すぐ転職する気がない方でも、転職サイトに登録しておくだけで、色々な企業からスカウトがくるようなサイトもあります。
思いがけない高収入、好待遇の企業からスカウトがくることもありますので、登録しただけてワクワクして楽しいですよ。

オファー待ちでお薦めの転職サイトはミイダスです。

登録までにあなたの妥当な年収金額を算出してくれて、その内容を元に色んな企業があなたにオファーを出してきます。

しかもオファーが来た企業は面接確約なので、楽して転職を薦められるサイトですね。

 

また、同じような工場現場へ転職したいのであれば、「工場ワークス」がお薦めです。
全国各地の求人が掲載されており、寮付きの求人等、好待遇の求人も多数出ています。

 

特に、転職経験がない他人は今自分がいる会社の待遇が良いか悪いかも分からないと思いますので、他者の求人内容を見ているだけでも今の状況がどうなのかだんだん把握できるようになります。

転職サイトに登録して、色々な求人を見ながら転職するかどうかを考えるのがお薦めですよ。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です