トレンド、時事ネタ

心配な高齢者の運転を見守る。スマートドライブファミリーズで事故を未然防止。

最近、高齢者が運転でアクセルとブレーキを踏み間違えたことなどになる交通事故が非常にたくさん発生しています。

特に、多くの歩行者を巻き込むような交通事故がよくニュースで取り上げられています。

あなたの父親や母親、祖父母の中に、高齢になられても運転をされているご家族がいる場合はさぞ心配されているのではないでしょうか?

他人を巻き込んでしまう交通事故を引き起こすと大変なことになってしまいます。

高齢者の免許の返還が推奨されているものの、電車やバスの本数が多い都会に住んでいれば不便はないですが、交通機関が少ない田舎になればなるほど免許の返還は難しいでしょう。

「ちょっとスーパーかコンビニに買い物でも行こうかな」

と思って、出かけても店に付くまで車で数十分以上かかるところなんて全然珍しくありません。

私も実家はど田舎ですが、どうしても地方に住んでいるとマイカーが必須なんですよね。

免許の返還なんてしようものなら、買い物に行けなくなってしまいます。

今回は、ご家族に高齢の方がいて、自動車の運転がちょっと心配、という方のためのサービス「スマートドライブファミリーズ」をご紹介します。

ちなみに、会社で営業車を多く扱うような企業だと、社員の安全、現在位置も確認できるツールになるため、会社で導入するのもお薦めなサービスです。

 

高齢な家族の運転を見守れる「スマートドライブファミリーズ(SmartDrive Families)」とは

スマートドライブファミリーズは株式会社スマートドライブが提供しているサービスです。

専用のデバイスを車に設置するだけで以下の情報が分かり、スマホなどですぐに確認できるのです。

<把握できる情報>

  1. 今どこにいるか
    ⇒車の現在地を地図上で確認でき、現在車が走行中か停車中かが把握できる。
  2. 運転診断スコア
    ⇒運転ごとの急ハンドル・急加速・急減速のスコアを表示。どの操作が悪いのか、どこで急操作があったのかを知ることができる。
  3. 運転の詳細情報
    ⇒どれくらい距離・時間を運転したか、どのルートを通ったか、どんな運転だったのかなど、詳細に知ることができる。

さらに便利な機能として登録したエリアの出入りを自動的に通知してくれる機能もあります。

ご家族がよく通うようなスーパー、コンビニ、病院などを登録しておくと、そのエリアへの出入りをリアルタイムでスマホに通知してくれます。
もちろん自宅の登録も可能なので、家族が帰宅したかどうかも確認できます。

 

会社の営業車に設置もお薦め。社員の安全、位置情報を確認、活用できる

高齢者で運転が心配な方を見守るとを基本的な用途、目的としてつくられた商品のようですが、会社の営業車に設置することでも非常に有用な活用ができるのではないかと思っています。

このサービスで把握できる情報は車を活用する企業では非常に有益な情報となり得るのではないでしょうか。

例えば、私がパッと思いつく活用方法だけで以下のようなことがあります。

<企業が導入して把握できる情報と活用方法>

  1. 今どこにいるか
    ⇒地震など、突然大型災害が発生した際に車で外出している社員のいる場所が把握できる
  2. 運転診断スコア
    ⇒運転診断スコアが低い社員は交通事故を起こす可能性が高くなるため、安全運転を心掛けるよう指導したり、技術的な指導も行うことができる
  3. 運転の詳細情報(距離・ルート・時間)
    ⇒次回同じ目的地へ訪問することがあれば、より時間がかからず、ガソリンを節約し、効率的に回ることができるルートを分析することができる。

特に物流業界のドライバーや営業社員が多く在籍し、日々営業車を運転する場合には活用メリットはかなり大きいと感じます。

 

スマートドライブファミリーズの料金は?

株式会社スマートドライブの調査では運転見守りサービスの中では最安値とのことで、そのお値段は・・・

月額2,480円!

これで家族の安全を確かめられるのなら安いもんですね。

 

スマートドライブファミリーズの申し込み方法

申し込み方法は非常に簡単です。
まずは以下のリンクから公式サイトを表示させます。※リンク画像が小さくてすみません・・・

 

 

次にサイト右上にある「お申込み」をクリックします

 

 

申し込みページに移動するため、必要事項を入力していきます。

<入力必要事項>

  1. 任意のログインIDの設定(4~64文字の半角英数字とハイフン、アンダースコア)
  2. メールアドレス
  3. 任意のパスワード(8文字以上)
  4. 氏名
  5. 郵便番号
  6. 住所
  7. 電話番号
  8. デバイス配送先の住所

 

 

以上の項目を入力し、「利用規約およぼプライバシーポリシーに同意する」横のボックスにチェックを入れ、「確認画面へ」をクリックします。

 

 

入力した内容を確認し、クレジットカードの情報を入力、決済を完了させれば申し込み完了です。

 

デバイスの設置方法は?

届いた専用の機器(デバイス)をどのように設置するの?難しそう!私機械類すごく弱いんだけど!と思われる方もいるかもしれませんが、設置方法はめちゃくちゃ簡単です。

車のアクセサリーソケット(シガーソケット)に挿し込むだけなんです!

 

なお、外国車ではソケットの形状が異なる場合があります。

その場合は別途市販の分配器が必要となります。

 

まとめ

いくら家族のことが心配でも、事前にデバイスを設置する車の使用者には承諾を得ましょう。
車の利用者のプライベートなことまで把握できてしまうため、設置されたら嫌がる人もいるかもしれません。

車を利用される方さえ承諾してくれれば、非常に良いサービスだと思います。

日々高齢者の方の運転が起因となってしいまった事故を見ていると非常に心苦しいです。

事故を起こした本人だって起こしたくて事故しているわけではないんです!

事故を起こした人の中には、こんな事故を起こすんだったら、生き残るべきではなかった。自分も一緒に死んだほうが楽だった。

と仰っている方もいます。

また、ご高齢の方でも、

「自分は絶対大丈夫!」

と自信満々に言う方も多いようですが、絶対なんてことはこの世にありません。

おそらく自分の車にこのサービスを利用して欲しい!と自分から言ってくる人はいないでしょうから、あなたの身近な人に、ちょっと運転が不安かも・・・と感じる人がいる場合には、是非このサービスの活用を考えてみてください。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です