仕事、退職、転職

会社退職前にやってはいけないこと。円満退社で話がこじれることなく辞めるには

会社に何も言わずに退職しようとするな!

普通では考えられないのですが、会社に何も言わずに退職をしようと思っている人がたまにいます。

私も何度苦労させられたことか・・・

最初に少し私の昔話にお付き合いください。

急に来なくなった従業員の話

ある朝出社してこない従業員がおり、同僚や上司にも連絡がきていない場合、単なる寝坊等による遅刻であれば一安心なのですが、こちらから本人に連絡をとっても電話に出ず、昼過ぎても連絡がない場合はさすがに心配になります。

出勤途中で事件事故に巻き込まれている可能性もありますし。

ということで、昼過ぎまで連絡がない場合には、一度家族に連絡をとります。

ここでご家族が電話に出られて、従業員が家にいることが分かればひとまずは安心です。無事が分かったのですから。

そこでご家族からいつも言われる言葉が、「本人が出社したくないと言っている」です。

ただ、家にいる時はほとんどの場合、後々本人と話しができます。ご家族が説得してなんとか会社に来てもらうか、会社にどうしても来ない時はこちらから出向くこともあります。

なんとかして本人と会い、なぜ出社拒否しているのかを話してもらった上で、会社側として改善できることであれば改善していく・・・のですが、出社拒否する理由って、ほとんどが人間関係のこじれなんですよね。

厳しい上司がいる。怖い先輩がいる。同僚と上手くやっていけない等々。

簡単に部署異動ができれば良いのですが、私がいた会社もそこそこ大きなところで、異動させるにもある程度のスキルを持っていないと戦力にならないためすぐに異動!っていうのはなかなか難しかったんです。

異動が難しいと、出社拒否している本人からすると、もう同じ職場で働きたくないのですから、即時退職手続きをすることとなります。

さらに極端なケースですと、家にも居ない場合があります。
ご家族に連絡をとっても、いつも通り本人は出社したとのこと。

これは一大事!事件・事故に巻き込まれている!と思って必死に会社から従業員の自宅までを探すわけですよ。

ただ、探せど探せど見つからない。そこで、周りの同僚に話を聞いてみると、どうも最近、上司と揉めてしまったらしく、そのことで出社しづらくなっているのではないか?という意見もちらほら。

ご両親にも会社に来てもらって、どのように対応するかを相談しました。
ご両親が言うには、本人は何でも一人で抱え込んでしまうタイプなので、おそらく一人になって、今後のことを考えていると思う。連絡が来るまで少し待ちたいとのことだったので、まずは本人の連絡を待つことにしました。

一日に何回かは本人の携帯に電話をかけつつ、待つこと2日、ようやく進展がありました。

親戚の方から連絡があり、近くまで来ているから住み込みで働かせてほしいと電話があったそうです。

いやぁもう本人の無事が確認できただけで一安心ですよ。どれだけ心配したことか・・

おそらく、あと一日連絡が来なければご両親も捜索願を出されていたと思います。

ということで、本人も会社を続ける意志がないことが分かったのでそこからはご両親と退職手続きを進めていきました。会うたびにご両親から申し訳ない申し訳ないといわれ、こちらも本当に暗い気持ちになりながら退職手続きしたのを覚えています。

 

急な出社拒否は周囲の迷惑以上に多額の損害が出る

さて、前置きは長くなりましたが、一番苦労しているのは採用担当の私ではありません。上司や同僚の皆さんです。

特に工場現場の担当者が急にいなくなったりすると、人数が足りなくて機械を動かせない!という問題も発生します。一日中機械を動かせずに製品を作れないとなると大損害です。

私がいた工場では一日に数千万円くらいですかね。

会社としても一大事なので、休みの予定だった人を搔き集めて何とか稼働させます。

しかし、代わりの従業員が入るまで死ぬほど忙しい日が続くのです。残された側はめちゃくちゃしんどいですよね。

工場はもちろん夜勤もありますので、どうしても人が足りない時には昼に勤務していた人がそのまま夜も勤務、つまり2直ぶっ通しで勤務することもありました。

 

いやぁブラックな企業ですね。

 

会社うんぬんではなく、工場がブラックと言われる原因はこういう所にあるのではないかと思われます。

事務職の従業員が出社拒否したのであれば、大抵は少し仕事が遅れて関係部署に怒られるだけで済むのですが、工場現場は毎日製造をしなければならないので製造できませんでしたーでは済まされないんですよね。

得意先へ商品の納期が間に合わなかったら取引を打ち切られる可能性もありますから。

ここまでは周りが迷惑を受ける話だったので、心が強い人は、出社拒否しても自分関係ないから問題ないじゃーんって、思う方がいます、、かね?

しかし、ご自身にも相当なリスクが出てきます。

一番のリスクは

損害賠償を請求される可能性があることではないでしょうか。

急に無断欠勤をし始めた社員に対して会社側も甘くはありません。

一日工場を稼働できなかった分全額3千万払え!という無茶な請求まではしないかもしれませんが、一部分は損害賠償請求があるかもしれません。

日本の法律は基本的に労働者の保護に厚いため、実際に請求額全額を払うことはほとんどありませんが、それでも、一度裁判にでもなれば、賠償金額を払う払わない以前に、大変な労力を費やすことになります。

相手は会社です。大きな会社になればなるほどしつこいですよ~。

私の会社も法務部という部署があって、専門家の方々が常に対策を練っているので分が悪い裁判でも長引くこと長引くこと。

こんな大ごとにならないようにするためにも、退職する際には円満に退社することを心がけましょう。

円満に退職する際に心がけることは別記事に記載しておりますので参考にしてください。

 

 

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です