仕事、退職、転職

ハローワークだけで転職活動するな!自分で探すなら転職サイト、プロを頼るなら転職エージェント

あなたは転職するならどのようなツール、サービスを使うべきだと思いますか?

今は色々な転職方法がありますが、未だにハローワークだけを使って転職をしようとする方も多いです。

高齢の方になればなるほど、ハローワークに通って、ハローワークに掲載されている求人だけを見て転職先を選定してしまいます。

もちろん、それでも良いのですがさらに良い求人が他にもあったかもしれません。

過去にも何度か記事にしていますが、良い条件の求人を見逃さないためにも、再度転職をする時に最低限活用して頂きたいツールをご説明します。

ハローワークに登録する

公共職業安定所のことを通称ハローワークと言います。
国が運営する施設です。

地元企業の求人がたくさん掲載されていることが一番のメリットです。

自分の求める条件は家から近いことが一番だ!という方には最もお薦めする転職方法です。
加えて、あなた専属のスタッフが付いてくれて、色々相談に乗ってくれるところも良いですね。履歴書の書き方、面接対策等も教えてくれます。

しかし、デメリットもあります。

ハローワークは企業側も無料で求人広告が掲載できるため、お金に余裕がない中小企業も求人を出しています。

転職サイトや転職エージェントは、企業が広告費等の報酬を支払って掲載するため、多少なりともお金に余裕がある企業しか掲載していません。

つまり、ハローワークに掲載している企業の中には倒産寸前の会社があったり、給料も低い会社がある可能性があるということです。

 

転職サイトに登録する

転職サイトは、基本自分自身で求人を探すこととなります。
膨大な数の求人が掲載されているため、自分の条件に合う会社を探すのは一苦労ですが、それだけ応募先の企業を厳選できます。

また、サイトによっては、あなたの経験、スキル等の情報を入力すると、企業側からスカウト、オファーが来る仕組みもあります。

企業側もあなたのことを必要としていることが分かれば嬉しいですよね。
モチベーションも維持しながら転職活動ができるようなサイトもあるのでお勧めです。

特に転職サイト「ミイダス」はあなたの市場価値を診断した後に、その情報に基づいて会社側からオファーが来ます。あなたはそのオファーから志望企業を選ぶだけです。

オファーが来ている企業とは面接確約なので、選考がスムーズに進むのも良いですね。

ミイダスへの登録はこちらから
面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

 

ミイダスの特徴や登録方法はこちらの記事をご確認ください

「【ミイダス】転職サイトに登録して企業のスカウトを待つだけ!楽々就職活動が出来る」

 

転職エージェントに登録する

基本はハローワークと同じです。
あなた専属のアドバイザーが付いてくれて、履歴書の添削をしてくれたり、面接の対策を練ってくれたり、あなたに合った求人を一緒に探してくれます。

大きく異なるのは、転職エージェントは非公開求人を持っています。
企業側も優秀な人材が欲しいため、能力が高い求職者だけ非公開求人を紹介されるのです。
知識や経験に自信があるのであれば、ハローワークよりも転職エージェントを活用する方が良いかもしれませんね。

信頼できる転職エージェントへの登録はこちらから
リクルートエージェント

 

まとめ

3つの転職活動の方法を説明してきました。あなたのペースに合った方法を選んで実践するのも良いとは思いますが、私のお薦めは全てに登録してみる!です。

自分に合った転職方法をどれか一つに絞って注力するのも良いですが、全てを活用した方が、より早く、より条件の良い転職先が見つかる確率が断然上がります!

全てのサービスに求人を掲載している企業は少ないため、多くの転職サービスを利用すればするほど、あなたの理想に合った求人が見つかる確率が高くなっていくのです。

転職サイトや転職エージェントは色々とあって、たくさん登録すると管理が大変なるとは思うのですが、メインの転職サイトを一つに絞り、他は登録しておくだけで放置という手もアリです。

どこの転職サイトもあなたの企業に求める条件を設定できるため、思わぬ好待遇、好条件の求人が見つかる可能性があるからです。登録だけしておけば、あなたの条件に合った求人が出た時にメールで連絡が来るようにできるサイトがほとんどのため、放置しておいても問題ないです。

転職エージェントはエージェントとのやり取りがあるため、たくさん登録すると面倒くさいため、登録数は絞ったほうが良いと思います。

どんどん便利になる転職ツールをフル活用してキャリアアップしていきましょう!

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です