就職/転職の基礎知識

内定辞退の連絡は誰でも怖い!企業の採用担当に伝える時の方法やコツは?

頑張って就職活動、転職活動を行って内定をもらうことが出来た!

でも、複数の会社から内定が出て、どちらかの内定は辞退しなければならない。

または、採用選考の途中で応募先企業の仕事、社風に合わないと感じ、内定はもらったけどまだ就職/転職活動を続けたいから辞退したい。

という場合も少なからずありますよね。

これは当たり前なのです。

求職者だって自分の人生をかけることの出来る会社を探すのですから、内定をもらえたとしてももっと良い待遇、自分に合った会社を探すということは十分あり得ます。

しかし、内定辞退する時って、せっかく内定を出してくれた企業に言うのはすごく申し訳ないですし、怖いですよね。

誰でも怖いと感じる内定辞退の方法とコツにについてご説明します。

 

内定の辞退は恐れることではない

そもそも、内定を辞退する可能性があることは企業側も十分理解しています。

求職者もたくさんの求人に対して応募しているだろうし、少しでも良い待遇の会社を選ぶことは分っているからです。

 

内定辞退は電話連絡で十分

内定を辞退するのにわざわざ会社を訪問しなければならないと思っている方もいますが、そんなことはありません。

電話を1本かけて、丁寧に内定辞退することを伝えれば十分です。

私も元々採用担当として働いていたのではっきり言えます。

わざわざ会社に直接来て内定辞退を伝えに来る人も数人いらっしゃったのですが、対応するのに時間がかかるため、採用担当者としては電話連絡の方がありがたいというのが正直なところです。

内定者
内定者
申し訳ないです!

という気持ちすごく分かるのですが、時にはありがた迷惑ということもあるのです。

もちろん、時間に余裕があれば、全然問題ないのですが、どこの企業の採用担当者もおそらくお忙しいはずです・・・

なので、電話連絡だけでは納得できない!という人は手紙で想いを伝えればとても気持ちが伝わります。

しかも、パソコンで入力したものではなく、直筆で書くことが重要です。

内定辞退は早いことも重要なので、まずは電話で内定の辞退について伝え、さらに後々手紙を送れば、あなたの気持ちは十二分に伝わるはずです。

 

内定辞退の伝え方

内定を辞退するための電話は話し方、態度にだけ注意すれば大丈夫です。

謙虚な気持ちで、内定を辞退して大変申し訳ないということさえ伝わればそれだけで十分なのです。

企業の採用担当者もよくあることなので、

採用担当
採用担当
そうですか、それは大変残念です・・・就職を決めた先で頑張って下さいね

とエールをおくってくれることでしょう。

ちなみに、ここで

採用担当
採用担当
なんで、弊社に来れないんですか?あなたの仕事はもう決まってるんです!入社してくれないと困るんです!

無理やり引きとめようとしてくるしつこい会社はブラック企業な可能性が非常に高いです。

新人に仕事を任せないと会社が回らないような企業は大抵の場合がブラックです。

残業は毎日多く、休日も少なくていきなり責任ある仕事を無茶ぶりされたりします。

内定辞退をして文句を言ってくる会社は、辞退までのやりとりは面倒くさいですが、

内定者
内定者
ブラックな会社に就職しなくてよかった~

と思ってください。

また、他の会社に内定が決まっている場合でも傲慢な態度は絶対に取らず、謙虚に誠実に内定辞退について伝えることを心掛けましょう。

 

早めに伝えることが大切

入社直前に内定辞退をすることが最も会社に迷惑をかけます。

どんな研修を何日かけて行って、いつからどこの職場に就労させようか企業の担当者が既にスケジュールを綿密に組んでいるからです。

人手不足だからこそ求人を出しているため、企業側も少しでも早く人手が欲しいのです。

あなたが入社ギリギリで辞退してしまうと、あなたのために準備された制服や備品類が無駄になってしまったり、教育のために色々と下準備をしていることも無駄になってしまいます。

また、早く伝えれば伝えるほど、企業側も別の人材を獲得するための採用活動を行うことが出来るのです。

入社ギリギリになるほど企業側が想定していたプランを崩してしまうこととなるため、あなた自身の意思決定は出来るだけ早く行いましょう。

既に内定辞退する意志が固まっている人は1秒でも早く内定辞退の電話をかけましょう!

もちろん、深夜など、非常識な時間に連絡してはいけませんよ!

会社の就業時間内に電話しましょう。

ほとんどの会社は9時~17時の間であれば就業時間内です。

 

内定した会社が得意先になる可能性もある

内定辞退は誠実にキチンと伝えないと、トラブルになると後々面倒になることもあります。

就職/転職先を探す時には自分自身の希望に合う業界や職種に絞ることが多いため、内定辞退した会社とも付き合わなければならないことがあるのです。

同じ業種の意見交換会とか、勉強会とか結構多いんですよ。

そんな交流会で、採用担当とばったり顔を合わせてしまったら気まずいですし。会社間の関係にもひびが入る可能性があります。

こんなことにならないためにも、内定辞退は慎重に対処しなければならないのです。

 

まとめ

内定辞退の連絡のコツをまとめると以下の通りです。

<内定辞退を伝える時のコツ>

  • 電話で連絡する
  • 出来るだけ早く連絡する
  • 内定辞退のお詫びについて手紙を送る
  • 誠実な態度をとる
  • 傲慢な言い方をしない

これらのことに気を付ければ十分です。

ただ、一度辞退したら後戻りはできないので、辞退するかどうかはとても慎重に検討した上で判断するようにしましょう!

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です