仕事、退職、転職

上司や先輩に怒られても仕方ない。評価ダダ下がりのやってはけない仕事上のミスとは

以前、使えない上司や性格が合わない上司から怒られた時に関しての記事を書きました。

しかし、本来管理職は部下の面倒を見つつ育成するために居るのです。

優秀な管理職は部下の仕事ぶりを見て、ハードルの高い仕事をやりとげた時はキチンと褒めて、失敗をした時にはキチンと叱ります。

飴と鞭をしっかり使い分けるのです。

つまり、あなたが上司叱られた時、叱られるだけの理由があるのであれば、ちゃんと反省し、次は同じ失敗を繰り返さないという意志、気持ちを持たなければなりません。

上司から怒られても仕方のない失敗をした時には十分反省をした上で、どのようなことに心掛けなければならないかを書いていきたいと思います。

 

単純な誤字脱字等のミスが多い

単純な誤字脱字が多かったり、文章の「てにをは」の間違いや計算間違いが多いとそれはもちろん叱られるでしょう。

上司に「1時間で仕上げろ!」と急かされて急遽作成した資料で、見直しをする時間がないのであれば誤字脱字等のミスがあるのは仕方ないですが、予め納期を指定され、数日間の余裕がある資料であればその日、時間までに見直しは何回もできるはずですね。

その見直しを怠ってしまったことは紛れもなく自分自身の責任です。

「いや、キチンと見直した!」

と思っていても提出した資料は嘘をつきません。

間違えてしまったことは真摯に受け止めて、同じ間違いをしないように次の仕事に活かしましょう。

終わった仕事の振り返り、反省をしない社員はなかなか成長できません。
次の仕事でも同じ失敗をしてしまうからです。

1度の失敗であれば上司も許してくれるでしょうが、2回、3回と同じ失敗を繰り返してしまうと、どんなに温厚な上司もイライラすることでしょう。

よく誰に対しても叱らない上司がいると思いますが、実は叱らない上司の方がタチが悪い場合があります。

部下が失敗しても指摘せずに上司が直してしまうため、自分で犯した失敗が分からず、何度も同じミスをしてしまうことがあります。

温厚な上司は、怒らない、叱らないため温厚に見えるのですが、実は部下の評価を査定する時には非常に厳しかったりするのです。

上司に別に怒られてないけど、なぜか今年の評価が低かった・・・

という時はあなたが知らない間に失敗を繰り返してしまっている時だと思います。

立場が上になればなるほど、他者を説得できるようなロジカルな説明資料の作成を求められると思いますが、どんなに手が込んだ資料であろうと、単純な誤字脱字や計算ミス等があると一瞬で説得力がなくなってしまいます。

そうならないためにも、資料を作成した後は自分自信でダブルチェック、トリプルチェックを行い、単純なミスは完全に無くしていくことを心掛けましょう。

 

イベントのスケジュール調整や段取りができていない

よくあるのが、飲み会の幹事ですね。
何月何日に実施して、会費は傾斜をつけて管理職はいくらにして、平社員はいくらで、場所はどこで何人参加して喫煙できて・・・・

単純に飲み会の幹事でも結構考えなければならないことは多いです。
特に社長や役員が来るとなると気を遣いますよね。

大きな会議を開く時にはより難易度が高くなります。

大勢の参加可否の調整だけでなく、どの部署からどんな資料を集めなければならないか把握し、期日までに集めて人数分印刷し、食事は準備するかどうか、司会進行は誰で・・・

と、事前に準備する事項が一気に増えます。

この大きなイベントを調整するとなるとなかなか難しいのですが、調整をしくじると他部署からの評価も下がってしまうため、他の通常業務をミスするよりも上司からは厳しく怒られます。

考えることは多いですが、専門的な知識も必要ないため、事前によく計画を練って下準備を念入りにしておけばミスすることはありません。

準備事項を一覧にまとめて、一つ一つ準備完了したことをチェックしながら進めていきましょう。

特に、イベントの開催案内メールが参加予定者に届いていなかったりすると致命的なので、まずは参加者全員に案内がいっているか念入りに確認し、誰が参加で誰が欠席なのか間違えのないようにしておきましょう。

 

要点を絞れず大事なことを伝えられない

仕事に関する内容となると、少し専門的な知識も要することとなり、うまく相手に言いたいことが伝わらない時があります。自分の仕事内容を他者に説明するのは意外と難しいのです。

法務や経理など、専門的な知識を必要とする部署ほど自分自身が内容を理解していないと、うまく説明できません。

上司へ何かを説明、伝えなければならないことは日常的に発生しますし、他部署の方へ説明する機会もあると思います。

特に他部署の人へ説明する時には専門的な仕事内容を理解した上で、要点をおさえて説明しないと相手になかなか理解してもらえません。

相手に上手く説明できないということは、他部署へ仕事を依頼できないということになります。

メールを出したり、直接依頼内容を伝えに言っても、相手が理解できないため、あなたが欲しい答えと異なる回答が返ってきてしまうのです。

この説明ができない人には他部署の協力が必要となる仕事は任されません。

部内の仕事しか任されないため、知見が狭くなってしまい、部門横断でバリバリ仕事をしている人と比べると成長が遅くなってしまいますし、他部署から頼られるという感覚もないため、仕事にやりがいが見いだせなくなってしまうのです。

こうならないためにも、まずは自分自身が扱っている仕事を完璧に理解し、その仕事内容を相手に伝えられるような話術、コミュニケーション能力もあわせて身に付けましょう。

 

まとめ

上司や先輩に怒られても仕方がないと思われることを3つ挙げさせていただきました。

  1. 単純な誤字脱字等のミスが多い
  2. イベントのスケジュール調整や段取りができていない
  3. 要点を絞れず大事なことを伝えられない

難易度的には①が最も低く、②、③と徐々に上がっていきますので、単純なミスが多いという方は、②、③のことは意識せずに、とりあえず単な誤字脱字、計算間違いをなくすことを意識しながら仕事をしてください。

この単純なミスがなくせないと、イベントの調整だろうが他部署への説明や依頼だろうが、全ての業務においてシンプルなミスが多発してしまいます。

単純なミスが多発してしまうと、上司からの信頼もなくなり、本当に簡単な仕事しか任されなくなり、業務量もどんどん減っていきます。

 

「仕事が減って楽になったなー!」

 

と間違っても思わないでください!
信頼がなくて任せられないだけなので、給料は上がらず、逆に下がってしまうことになるかもしれません。

ちなみに、仕事をする上ではPDCAを意識すべきだと一般的に言われています。

<参考>
P:Plan(計画)
D:Do(実行)
C:Check(評価)
A:Action(改善)

しかし、単純なミスが頻発する場合、PDCAを意識する以前の問題であるため、とにかく自分で作成した資料は自分で完璧に見直すことを第一に心がけましょう。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です