待遇、労働環境

社章・徽章が不要な時は身に付けない。居酒屋等で付けたままだと面倒事になるかも

あなたは今勤めている会社の社章や徽章を持っていますか?
全従業員に持たせる会社もあれば、役員等の偉い人にしか持たせない会社もあります。

日中歩いている会社員の方々を見ても、社章を身に付けていない方がほとんどです。
「面倒くさいから」とか「もらってないから」という方もいると思いますが、そもそも必要のない時には外で社章を身に付けるなと教育している会社もたくさんあります。

大事な取引先との商談や、大きなイベントの時等には社章、徽章を身に付けることになると思いますが、それ以外の不必要な場面で身に付けていると、なかなか面倒なことになる可能性があるため、詳しく説明していきたいと思います。

 

会社の悪口を言ってしまうと会社の評判が落ちる

同僚と帰りに飲みに行ったとき等は、どうしても日頃の憂さ晴らしとして、上司/部下/会社の悪口を言ってしまいたくなりますよね。

「上司がいちいち細かいこと言ってきてさ~、マジムカつくんだよな~、うちの会社使えない上司ばっかりだよな~」

とか

「うちの会社もう将来性ないよな~、給料も全然上がらないし、早く辞めたいよ~」

とか、ついつい同僚同士で愚痴を言い合ってしまうこともあると思います。

特に居酒屋で飲んでいつ時には酔っ払った勢いで声も大きくなってしまうこともありますよね。

ただ、その時にあなたの会社が特定されるとまずいです。

会社名を言ってしまったり、身に付けている社章・徽章を見られたり、有名な会社であればあるほど、周囲の人は気づきます。

「あぁ、あの大手企業の従業員なんだ・・・タチ悪いな~」

と思われることでしょう。

日頃からCMをしているような大手企業であればあるほど、会社のイメージダウンになり兼ねません。

聞かれる相手によっては、

「私あの会社内定もらってたんだけど、あんな人達がいるんだったら内定辞退しようかなぁ」

とか

「あの会社うちの取引き先だけど、公の場で悪口を言う社員だらけなら今後取引自体続けるかどうか考えなきゃいけないな~」

など、思ってもみない悪影響を及ぼす可能性があるのです。

 

インサイダーを疑われる可能性がある

株取引ができる上場会社の従業員に限る話ですが、上場会社の会社員はインサイダー取引に巻き込まれるリスクを常に持っています。

インサイダー取引とは
⇒株価に影響する出来事を公表されていない段階で、会社の関係者やそれに近しい人がその情報を誰かに教えて、先に株を買い占めたり、売却したりして金儲けをすること

このインサイダー取引を行った場合には犯罪になるのです!懲役1年~5年、罰金も科されてしまいます。

居酒屋で大きな声で会社の今後の事を話していたりすると非常に危険です。
特に今後自分の会社がどこかの会社と業務提携するとか、画期的な新商品を発表するなど、株価に影響を与えかねない話が最も危険です

株取引をしている人は情報に敏感なので、そんな話をしている人がいると、社章を確認して、どこの会社か調べるかもしれません。

なんてったって儲けるチャンスですからね。

ただ、居酒屋での話をたまたま誰かに聞かれたという場合、故意に情報を漏らしたわけではないため、インサイダー取引とはみなされません。

ですが、あなたの話を盗み聞きした人がどんどんうわさを広めた場合、あなたにインサイダー取引の疑いはかかります。

疑いがかかればもちろん調査されるでしょうし、調査の結果インサイダーではないとみなされても、会社には大事な企業機密の情報を居酒屋で大声で話していたことがバレるため、良くて減給、最悪懲戒解雇も免れないでしょう。

 

SNSで拡散されて取り返しがつかないくらい大事になる

今の世の中、SNSで重要な価値ある情報は一瞬で拡散されてしまいます。

居酒屋や会社の愚痴を大声で言ってしまうと、

「〇〇社員が酔っ払って悪口言ってたんだけどキモイわ~、私もうあの〇〇社の商品買わない!」

とSNSに投稿されてしまうかもしれません。

このような情報は一瞬で広まり、すぐに会社の人の目にも入ります。
つまり、あなたが会社の悪口を言っていたことが会社にバレてしまうのです。

単なる悪口であれば良いですが、インサイダーになり得る会社の企業機密をSNSに投稿なんかされでもしたら、本当に大事になります。

会社の規模によってはニュースに取り上げられるでしょうし、会社をクビになるだけならまだマシです。

会社から損害賠償の請求までされてしまうかもしれません。

それも、何億というあなたの生涯をかけても返せない額になる可能性もあります。

間違っても、あなた自身が会社の愚痴やインサイダー情報をSNSに投稿することはないようにしてくださいね!

 

まとめ

外で社章を付ける事で、あなたが勤める会社を特定されることの怖さが分かっていただけたでしょうか?

特に上場企業の従業員になると、インサイダーが深くかかわるため、外では絶対に社章・徽章を付けないよう教育されていると思います。
・・・が、もし上場企業に勤めていてもインサイダーについて全く知らないという人は、これを機会に、ちょっとした不注意で自分が犯罪者になるかもしれないと認識してください。

また、社章や徽章を身に付けないことを徹底しても、あなたの話の中から会社を特定されてしまうと意味がないので、外で会社のことを話す時にはどこの会社の社員なのかを特定されないように十分注意しましょうね。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です