退職のコツ

正社員にならないかと誘われた!でも今の会社で登用されるのが嫌な時の断り方

今働いている会社で派遣社員や契約社員、またはパートアルバイトという雇用形態で働いている人は

上司
上司
君は頑張っているからよかったらうちの会社の正社員にならないか?

のように、正社員登用に誘われることもあるでしょう。

今働いている会社が好き、やり甲斐がある、待遇が良い、などと感じている人にとっては願ったり叶ったりの誘いで、とても喜ぶべきことだと思います。

しかし、中には今の会社で正社員にはなりたくないという人もいるでしょう。

今の会社がそもそも好きではなかったり、給料があまり高くなかったり、今以上に仕事が大変になりたくなかったりと理由は人それぞれだと思います。

そんな時にどんな風に断れば良いのか困ってしまう人もいるのではないでしょうか?

今の会社で正社員になりたくない時の上手い断り方を考えてみたいと思います。

明確な理由があればそのまま言う

そもそも正社員として働けないキチンとした理由があればそのことをハッキリと伝えれば良いのです。

<正社員登用を断ることが出来るキチンとした理由の一例>

  • 子供が小さいから早く帰宅して面倒を見なければならない
  • 配偶者の都合で転勤の可能性があるから正社員にはなれない
  • 親を介護しなければならなから柔軟に対応できる働き方が良い
  • やりたい仕事に就くために難関資格を取ろうとしている

などなど、色々な理由があります。

これらの事情を抱えているひとはそのことをそのまま会社の人に伝えれば良いだけです。

こういったキチンとして理由があれば、会社側も無理にとは言ってきません。

仕事が大変になるのが嫌だから正社員への誘いを断りたい場合

“趣味に時間を使いたい”、”正社員になって残業時間を増やしたくない”、”少しでも早く帰りたい”

などの理由だと、そのまま伝えてはいけません。

周囲に良くない印象を与えかねず

同僚
同僚
こいつそんな理由で正社員の誘い断りやがったのか~

と周囲から思われてしまい、同じ会社で働きづらくなる可能性があります。

そう思われないためにも最もらしい理由を考えましょう。

例えば、あなたに配偶者がいれば、会社はその配偶者の事情まで把握できません。

あなた
あなた
夫が転勤の可能性がある仕事でいつ県外に異動になるか分からないので、正社員になるのは難しいです

といような理由で断るのも良いでしょう。

嘘も方便と言いますしね。

配偶者がいない人だと、

“夢があるから”

という理由でも良いかもしれません。

仕事が終わってから夢を叶えるために自分の時間を使いたいということにすれば良いのです。

そして、夢の内容は内緒にしておけば問題ないですね。

上司
上司
夢って何なんだ?

と興味本位で聞いてくるかもしれませんが

あなた
あなた
恥ずかしいので内緒にさせてください

と言えば深く追求してくることはないはずです。

匿名Youtuberでも目指してるのかもしれないと思われるかもしれませんが(笑

正社員にはなりたけど今の会社の待遇や仕事内容が気に入らない場合

正社員にはなりたいけど、そもそも今の会社が嫌いだったり、給料などの待遇に納得していない人もいるでしょう。

その場合には今の状況に納得していないことを遠回しに伝えましょう。

あなた
あなた
就きたい職種があるので、今はその仕事を探しているところです

とか

あなた
あなた
大きな企業で自分を試したいと思っています

など、他の会社で正社員としての仕事を探している最中だという意志表示をしましょう。

そうすれば上司も

上司
上司
こいつはもうすぐいなくなる・・少しずつ仕事を他の従業員に引き継ぎさせなければならないな・・・

と感じさせることであなたの仕事が少しずつ減っていき、転職活動もしやすくなるかもしれません。

転職活動をするための休暇もとりやすくなるでしょう。

まとめ

あなたに正社員にある意志があろうとなかろうと、正社員に誘われるというのはとても喜ばしいことです。

あなたの仕事ぶりが上司、会社に認められたという証拠なのですから。

即戦力にならない人を正社員に誘うわけがないですもんね。

しかし、あなたはあなたの理由で正社員への登用の話を断らなければならないということは、あなたの認めてくれた人の誘いを断るということです。

断る時には感謝をしつつ、丁寧に断ってください。

“嬉しいけど仕方なく断る”という感じを醸し出しながら断りましょう。

今の会社を退職、転職することを決めていても、今後いつどのような形で関わりがあるか分かりません。

転職先の会社で営業担当として尋ねることもあるかもしれません。

もしくは、お客として働いていた会社を訪ねることになるかもしれません。

あなた
あなた
どうせ退職するんだから適当に断ればいいや~

という気持ちで失礼な断り方をしてしまうと、退職後に何か関りが出てきた時にとてもやるづらいなのです。

逆に、良好な関係のまま退職することが出来れば、先々助けになってくれるかもしれません。

正社員登用を断っても、あなたのことを認めてくれた会社には感謝をして良好な関係を続けけられるようにしましょう。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です