仕事、退職、転職

退職したいという気持ちを気軽に会社の上司や同僚に話してはいけない理由とは

誰もが一度は会社を辞めたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

上司や同僚と性格が合わなかったり、仕事がとても大変で残業超過、休日出勤で身体がもたなかったり、理由は色々あるはずです。

楽しくて仕事をしている人なんてほとんどいないのです。

働かなくてもお金をもらえるのであれば仕事なんて辞めてしまいますよね?

なので、心の中で辞めたいという気持ちになるのはごく自然なのですが、それを周囲の人に話してしまうと後々面倒なことになりかねません。

退職することを周囲に話すとどうなるのか

退職をしたくて色々な人に

女性
女性
私会社辞めたいんだけど~

みたいなことを言うのは良いことがありません。

ご家族は別ですが、会社の先輩、同僚等、いろんな人に相談した結果、私のいた職場でどのようなことが起こったのか、少し詳しく書いていきたいと思います。

冗談でも辞めたいということは話すべきではない

一番多いのは、結構話好きな人が、色んな人に「私この会社辞めたいんだよね~」と言いふらしていること。

ここで注意すべきなのが、本当に退職する気がなくてちょっとした気持ちで「辞めたいんだよね~」と言ってしまうことでも面倒事に発展してしまうことです。

周りの数人に「会社辞めたいんだよね~」と言った場合、十中八九、自分が話した人以外にも話が伝わります。

特に面倒なのが、飲み会の場で、大勢の上司、同僚がいる時に

同僚
同僚
そういえばこの前会社辞めたいって言ってたよね~

とぽろっと言ってしまうような、場の空気も相手の気持ちも考えないような発言をするような方もいます。

もしあなたが飲みの場で、突如として暴露されたらどうしますか?

そこでうまく話しをそらすことが出来るような人は良いですが、なかなか難しいです。

うまう回答できなかったり沈黙の時間があるとその場が重い空気になり、その後職場でも上司や同僚から退職の有無に関してちょこちょこ詮索をされると思います。

噂話としてどんどん周りに広まった場合、もし自分はやっぱりこの会社でずっと働いていくんだ! と思い直しても、周囲からの目は変わらないままです。

時がたつにつれて忘れられるとはいえ、一度は会社をリタイヤしそうになったという事実は変わらず、その時一緒に働いていた人は結構覚えています。

また、もしその時の上司が先々偉くなって役員になり、大きな人事権を持つこととなった場合はどうでしょうか?

同じくらいの力量の人どちらかを昇進させる話が出た時、一度退職しそうになった人とそうでない人であれば、どちらを昇進させるかは一目瞭然でしょう。

弱音を吐いたことがない人を昇進させるに決まってますよね。

本気で辞める決意をしても周囲に話すべきではない

色んな人に退職のことを相談したとしましょう。

上記にも書いていますが、自分が話した人以外にも話が広がるのはほぼ確実です。

加えて、正義感の強い人というのはあなたを辞めさせまいとあの手この手で説得するでしょう。

今のこの世の中、会社を辞めることは悪、一つの会社を続けることは正義なのです。

退職、転職に関して、世の中の考え方も少しは変わっていっている気もしますが、日本ではまだまだ仕事を辞めることに対して良いイメージは持たれないのが現実です。

実際、

男性
男性
私、この3年で5つの会社を経験してるんですよー

と聞いた時、あなたはどう感じますか?

アメリカだと

女性
女性
すごい!キャリアアップしてるね!

となるかもしれませんが、日本ではおそらく、

女性
女性
仕事に耐えられずにすぐ辞めちゃう人なんだね

と哀れみの目で見られることでしょう。

日本ではこのように転職の数が多いと良い印象を与えません。

なので、退職しようとしている人がいると上司や同僚は止めにきます。

もしあなたが退職をほのめかした時には周囲のたくさんの人が「ちょっと待った!」と言いに来るに違いありません。

私も元々は工場で人事担当だったので、そりゃあ必死に止めてましたね。

ホクホク
ホクホク
工場長!今●●さんが休憩室にいるんで、一緒に説得してください!

と偉い人まで巻き込んでひたすら説得にかかります。

退職したい人からしたらめちゃくちゃ面倒くさいことでしょう。

まとめ

結局、冗談だろうと本気だろうと周囲の同僚に辞めたいということを気軽に言ってはいけません。

かなりの確率で面倒なことになります。

こんなことにならないためにも、退職を決意したら、家族にはキチンと伝え、それ以外の人には会社にビシッ!と退職を宣言するまでは言わないでおきましょうね。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です