仕事、退職、転職

指示や言っていることが曖昧で具体性がない上司/先輩の対処方法とは

仕事上、上司や先輩から業務指示を出され、それを終わらせて報告することは毎日のようにありますよね?

そんな業務指示がすごく曖昧な上司や先輩も中にはいます。

業務指示をすごく曖昧に出してきて、何をして欲しいのか誰も理解できていないのに

上司
上司
指示したこと全然できてないじゃないか!

と説教してくる理不尽な上司がいるのです。

単に業務指示、業務命令の仕方が悪いのに部下のせいにしている最低な奴ですね。

育成のためにわざと曖昧に指示を出しているのならば良いですが、そんなこと考えておらず全然具体性のない指示を出してくるクソ上司もたくさんいます。

部下や後輩の育成方針を考えた上で、わざと曖昧な指示を出している上司や先輩であれば、業務をうまく遂行できなくても責めることなく、キチンとアドバイス、フォローしてくれます。

従って、指示が曖昧なのに仕事ができてなくて説教してくる人は能力が低い上司、先輩と思って良いでしょう。

自分自身で仕事をこなすことは得意でも、部下や後輩に仕事を指示するのが下手くそな管理能力がない人は珍しくありません。

なので、今回はそんな曖昧な指示しか出してこない上司や先輩にはどのように対処すれば良いか考えていきたいと思います。

曖昧な指示をするのは説明下手な上司

曖昧な指示ばかりしてくるのはほとんどが説明が下手な先輩や上司です。

部下育成のためにあえて曖昧な指示にしている人であれば、普段は的確な業務指示、業務命令をしているはずです。

的確な指示と曖昧な指示をケースバイケースで分けている人は基本優秀です。

しかし、常に曖昧な指示しかしてこない上司や先輩はそもそも説明クソなので周囲にプレゼンしたり説得したりすることを苦手としています。

部下や新人からすると、なんだか小難しいことを言っているのを聞いていると

部下
部下
専門用語もたくさん使っていて、内容は全然分からないけど、すごく賢い人なんだろうな!

と、なんだかやたら賢い感じを出している上司/先輩もいますが、内容が分からない説明をする時点で説明が上手くないということです。

優秀な人であれば相手の知識、スキルレベルに合わせてキチンと理解できるように説明します。

しかし、自分しかわからない専門用語などを用いて説明することで同じ知識レベルを持っているような人にしか分からない発言をするのは説明下手としか思えません。

そんな上司、先輩の下についてしまうとなかなか成長できないのです。

だって相手の話、説明が理解できないのですから仕方ありませんね。

曖昧な指示を出された時の対処方法

曖昧な指示を出された時には、結局何をすれば良いのか分かりませんよね?

上司や先輩から指示を出されて、

部下
部下
自分は一体なにをすれば良いんだ・・・・?

となってしまった時にはその場で仕事の流れを上司/先輩に確認するようにしましょう。

指示内容を確認するためにその場で

部下
部下
今の内容を整理させていただくと、まずは●●をしてそれから・・・最終的に・・・

と分からないながらもこれからやろうとしている仕事の流れを簡単に整理して上司や先輩に説明し返しましょう。

そこで相手が指示と全く異なることをやろうとしていればさすがに指摘してくるはずです。

聞き返すのは面倒くさいかもしれませんが、仕事を終わらせた後で

上司
上司
思ってたのと全然違う、やり直せ!

と言われるよりマシですね。

無駄なことをしなくて済むのですから。

一つ一つやるべき事を最終的にどんな結果を出せば良いのかあなたの頭の中で明確にイメージできるようになるまでは上司や先輩と問答を続けるようにしましょう。

最後まで問答に付き合ってくれれば良いのですが、中には問答が面倒くさくなり

上司
上司
あとは任せるから適当にやっといて

と投げやりになる上司/先輩もいます。

そんな投げやり指示でキチンとした仕事を出来る部下なんていません。

相手の心の中でも読めない限りは無理です。

曖昧な指示をしてくるくせに指示内容の確認もさせてもらえないような上司/先輩はあなたに利益をもたらしません。

上司の指示のせいで評価が低くなるなら要注意

曖昧な指示では部下や後輩は求めている成果をあげられるわけがありません。

上司や先輩から何を求められているのかイマイチ分からない中でモヤモヤしながら仕事を進めていくのはとてもつらいです。

そして仕事の完了報告をしても

上司
上司
そんなこと求めてない

と説教されてさらに気持ちが落ち込み、これが原因でうつなどの精神疾患になってしまう人もいます。

本来、上司や先輩社員は部下に対してキチンと的確な業務指示を出さなければなりません。

それなのに、成果があげられない原因を部下のせいにされてしまうことがあります。

上司のせいで評価が下がり続けているということなので、本当に最悪な状況と言えるでしょう。

そんな職場に居続けてもあなたには何のメリットもありません。

早く異動させてもらうか、退職、転職も視野に入れて現状の打破を検討してみると良いでしょう。

異動も退職もさせてくれない時にするべき事

会社に異動の希望を出しても聞き入れてくれなかったり、そもそも異動の希望なんか出せないような会社もあります。

そうすると現状を打破するためには退職するしかありません。

しかし、会社側も人材を簡単には手放したくないこともあり、なかなか退職させてくれないかもしれません。

円満に退社させてくれる会社なら問題ないのですが、

上司
上司
今は忙しいからもうちょっと待ってくれ!

と、いつまでも退職を延長させてくるところも結構あります。

いつまでもダラダラ居続けても良いことはないのでそれなら最終手段として退職代行サービスを利用しましょう。

このサービスはあなたに代わって会社と退職に関するやりとりをしてくれます。

いきなり出社しなくなっても退職代行会社が退職手続きを代行してくれるのです。

あなた自身は退職代行会社と基本電話でやりするだけです。

それだけで今いる会社から退職出来てしまうため、なかなか辞めさせてくれない時の最終手段としてはとてもお薦めです。

中でも退職代行の中でも大手の「EXIT」はお薦めできます。

また、20代若手であれば退職代行とあわせて転職支援も同時にしてくれるサービス「reフレッシュ転職」があります。

普通退職代行を依頼すると数万円の費用がかかるのですが、reフレッシュ転職は一切費用がかかりません。

全て転職先の企業が費用負担をしてくれるようになっているのです。

まとめ

曖昧な指示をしてくる上司や先輩でも、あなた自身が指示内容を明確にイメージできるように根気強く確認することが大切です。

どのような風に仕事を進めてどんな成果を出せば良いかが具体的に頭の中に思い浮かべることが出来ればスムーズに仕事を進められるはずです。

もし指示内容について確認させてくれないような上司や先輩だった場合には、正直その職場で仕事を続けていくのはおすすめしません。

精神をすり減らしてストレスが溜まり、病んでしまう可能性も出てきます。

我慢せずに異動や転職も検討するようにしましょう。

また、いきなり転職活動に踏み切るのも勇気がいります。

今の自分のスキルや知識で世間一般的にはどれくらい給料がもらえるのか診断してくれる「ミイダス」というサイトもあるため、一度そこへ登録してあなたの市場価値を確認してみるのも良いかもしれませんね。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です