就職/転職の基礎知識

タダって本当?転職サイト/転職エージェントが完全無料で利用できる理由とは

転職をしようと思ったら、まずは転職サイトや転職エージェントなどに登録しようと考えるはずです。

そして、その登録時に気になるのが登録料、利用料だと思います。

求職者
求職者
下手な転職サイトとかに登録したら利用料とられそうだから転職活動はハローワークだけ使おうかな・・・

と思っている人は、不安になる必要は全くありません。

なぜなら、ほぼ全ての転職サイトや転職エージェントは完全無料で転職活動の最初から最後まで利用できるからです。

気になる転職支援サービスがあれば登録しまくって全然問題ありません。

どれだけたくさんのサービスに登録したところでお金を支払う必要がないので、登録するだけしておいて放置していても構わないのです。

転職サイトや転職エージェントが完全無料の理由

なぜ転職サイトや転職エージェントは完全無料で利用できるのでしょうか?

求職者
求職者
スタッフもたくさんいるのに、どこから給料出てるの?

と疑問に感じるでしょう。

これは、求人を掲載している会社側が多額の費用を支払っているため、求職者は無料で利用できるのです。

しかもかなり高額な金額がやりとりされているため、求職者は利用料なんて支払わなくても全然問題がないのです。

例えば、一般的な転職サイトだと求人広告の掲載料が必要となります。

求人広告1件、1か月掲載するのに数千円~数万円の掲載料がかかります。

また、転職エージェントだとより一層高額な報酬になります。

転職エージェントは求職者の転職活動を一から十まで寄り添ってフォローしてくれるサービスなので報酬もより高額になるのです。

例えば、転職エージェントが紹介した求職者の入社が決まると、大体その人の年収の30%くらいが報酬として支払われます。

つまり年収600万円の求人に内定が決まれば、求職者を紹介した転職エージェントはおよそ200万円の報酬を受け取ることが出来るのです。

求職者
求職者
1人の入社が決まるだけで数百万円もかかるの!?

と驚くかもしれませんが、人材というのはそれほど価値のあるものなのです。

企業側もそれだけ高い費用を出しても優秀な人材が欲しいということです。

転職エージェントは求人の仕事内容がこなせるだけの人材を紹介しなければならないため、とても真剣に転職活動を支援してくれます。

なので、転職サイトを利用するよりも転職エージェントを利用して転職活動を行った方が、自分自身の能力と就業先で求められる仕事のレベルがミスマッチを起こしづらいのです。

内定が決まる前に登録解除する時の解約料は?

男性求職者
男性求職者
内定が決まる前に転職支援サービスの登録解除しても問題ないの?
女性求職者
女性求職者
入社してすぐに退社したら賠償請求みたいな費用かかるんじゃ・・・?

と不安に思う人もいるかもしれませんが、これも気にする必要はありません。

途中で登録している転職サイト、転職エージェントの登録を解除しようが、入社が決まった後すぐに退職しようが費用は発生しません。

利用した転職支援サービスから解約金、罰金などの請求は一切ないのです。

利用する転職支援によっては、自分のペースに合わないと感じることもあるでしょう。

そんな時はすぐに利用を中止して、別の転職支援サービスに移行できるということですね。

転職サイトと転職エージェントどっちがお薦め?

転職サイトと転職エージェントはそれぞれ良いところがあります。

簡単に説明すると、転職サイトはサイト上にたくさん掲載されている求人を自分で検索して希望の仕事を見つけ、自分で応募して採用選考に進んでいきます。

これに対して転職エージェントは自分専属の担当者(キャリアアドバイザー)が転職活動を手厚くサポートしてくれます。

それぞれのメリット、デメリットをまとめると以下のような感じではないでしょうか。

<転職サイトのメリット>

  1. 自分のペースで就職/転職活動が出来る
  2. 掲載されている求人数が多い
  3. オファー、スカウト機能があるサイトがある
  4. 検索条件が細かく設定できるサイトが多い

<転職サイトのデメリット>

  1. 採用選考などの日程調整は全て自分自身で行う
  2. 求人広告に記載の内容だけでは情報不足なことがある
  3. 履歴書の書き方や面接対策などのサポートが受けられない
  4. 不合格になった時の理由が分からない

<転職エージェントのメリット>

  1. 高い給与/待遇の非公開求人がある
  2. 専任の担当者がスケジュール調整をしてくれる
  3. 専任の担当者が企業に応じた的確な採用選考対策をサポートしてくれる
  4. 自分に合った仕事を紹介してくれる

<転職エージェントのデメリット>

  1. 優秀なアドバイザーが担当になってくれるとは限らない
  2. 利用している転職エージェント自体がブラックな可能性がある
  3. 転職サイトと比べると扱っている求人数が少ない
  4. 住居の転居が必要となる可能性がある

とにかく自分で転職活動を進める自信がある人なら転職サイトを利用した方がスムーズに進むでしょう。

逆に転職活動が初めてだったり自信がない人には転職エージェントの方がお薦めでしょう。

もちろんどちらも利用しながら色々な求人を見て転職活動を進めていくことも可能です。

おすすめな大手転職サイト、転職エージェントは?

一度は聞いたことがあるであろう大手の転職サイトや転職エージェントはこのサイトでも紹介しています。

転職サイトだとdodaやリクナビネクスト、転職エージェントだとリクルートエージェントなどを紹介しているため、そちらの記事も是非読んでみてください。

大手ではない転職支援を利用するメリット

大手ではない転職支援サービスも大手にはない大きな強みがあります。

大手とは違い、特定の業界や職種に特化した求人を扱っていたり、扱っている求人の内容や職場の裏事情にとても詳しかったりするのです。

例えば、保育士のみの求人を扱う転職支援サービスだと、そこに在籍するキャリアアドバイザーは大体保育士経験者が多いです。

保育士経験者した採用していない転職支援もあります。

保育士として転職したい時に保育士経験者のアドバイザーが付いてくれればとても心強いし悩みや不安なども共感してくれそうですね。

また、大手に比べて扱っている求人数こそ劣るものの、その中身についてはとても詳しいことが多いです。

給与面、福利厚生面の実態を把握していたり、就業先の職場の人間関係、在籍している従業員の年齢層や性別はどちらが多いのかなど色々知っています。

求人数が多い大手の転職支援サービスだとここまで詳しく求人に関することを把握するのはとても難しいのです。

小さい転職支援サービスの方が自分の理想に合う就業先を紹介してくれる確率は高い気がします。

まとめ

ほとんどの転職サイト、転職エージェントは完全無料なので、気になったらどんどん登録してしまいましょう。

“ほとんど”と言っているのは、一部有料のサービスを提供しているところもあるからです。

有名はハイキャリア専門の転職支援ビズリーチは有料のプランがありますし、このサイトで紹介しているゲキサポも有料です。

ゲキサポは転職活動版ライザップみたいなサービスです。

マンツーマンでひたすら転職トレーニングをしてくれるため、有料となっています。

このように一部の転職支援サービスに有料なものもありますが、有料なサービスはか~なり珍しいです。

基本的に転職サイト、転職エージェントは完全無料なので利用できるものはどんどん利用してしまいましょう!

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です