就職/転職の基礎知識

転職サイトと転職エージェントの違いとは?どっちを使えば良いの?

転職するためには、転職サイトや転職エージェントの利用が必須になってくると思いますが、そもそも

求職者
求職者
転職サイト、転職エージェントってよく聞くけど、何が違うの!?

とそれぞれの違いが分からない人も多いと思います。

ざっくり言うと、転職サイトはあなた自身の力で転職先を探して、自分で求人に応募するのに対して、転職エージェントはプロの力を借りて支援を受けながら就職/転職を進めることができるサービスです。

ほとんどの場合、どちらのサービスを利用しても完全無料となります。

それでは転職サイトと転職エージェントの特徴についてもう少し詳しく解説していきます。

 

転職サイトの特徴

転職サイトは、サイト上に数多くの求人が掲載されており、その求人内容を求職者自身が検索して自分の求める仕事、就業先を見つけるサービスです。

求職者自身が主体となって動くため、自分のペースで就職/転職活動を進めることができます。

転職サイトで気になる求人を見つけて応募した後は、求職者が直接応募先の企業と連絡をとり、採用選考を進めていく形となります。

<一般的な転職サイトの流れ>

  1. 転職サイトに登録する
  2. サイト上で気になる求人を見つけ、応募する
  3. 応募先の企業と連絡をとり、採用選考に挑む
  4. 書類選考、適性検査、面接などの選考を受ける
  5. 全ての採用選考に合格すれば内定

ちなみに、最近では自分で求人を見つけて応募する一般的な転職サイトだけではなく、少し変わった仕組みのサイトもあります。

例えば、転職サイト「ミイダス」だと転職サイトに登録だけしていれば、登録してあるプロフィールや適性検査の内容を企業が確認し、企業側の採用担当が

採用担当
採用担当
この人材、うちに欲しい!

と思えば、求職者にオファーが届く仕組みになっているのです。

このようにちょっと変わった転職サイトや、保育士の求人だけを扱っているなどの業界特化型の転職サイトもあります。

 

転職サイトを活用することのメリット

就職活動、転職活動に転職サイトを利用することのメリットは以下のようなことが挙げられます。

 

自分のペースで就職/転職活動が出来る

すぐに内定をもらいたい人はどんどん求人に応募して採用選考を詰め込めば良いですし、1つの選考毎に全力を注ぎたい人は1社ずつ選考を受けて万全な準備も出来ます。

どのようなペースで活動を行うかを判断するのは求職者自身なので、時には休息をとることも可能です。

 

掲載されている求人数が多い

サイトにもよりますが、基本転職サイトには多くの求人が掲載されています。

大きな転職サイトだと10万件以上もの求人が掲載されているため、色々な業界、職種の求人を比べることが出来ます。

 

オファー、スカウト機能があるサイトもある

プロフィールを登録してさえおけば企業側からのスカウトやオファーが届く機能が付いているサイトも数多くあります。

大抵の場合、スカウトされた企業の求人に応募すると書類選考は免除されます。

プロフィールを確認した上でスカウトが来たはずなので、既に合格しているのと一緒ですからね。

何より企業から必要とされているということでモチベーションが上がりますね!

 

検索条件が細かく設定できるサイトが多い

転職サイトは膨大な求人数を扱っているため、検索条件が細かく設定できるところも多いです。

地域や職種はもちろんですが、住宅手当がある方が良いとか、給料はいくら以上が良いとか、色々な条件を使って検索できる仕組みになっています。

ただ、欲張りすぎて高待遇な条件で絞り込みすぎると、1件も出てこないのでご注意を。

 

転職サイトを活用することのデメリット

自分が主体的に活動を行うという事は以下のようなデメリットもあります。

 

採用選考などの日程調整は全て自分自身で行う

転職サイトだと、求人に応募した後の日程調整は全て自分せ応募先企業の担当者と行わなければなりません。

1、2社だけであれば問題ないと思いますが、早く就職先を見つけたいがために、何十社も応募して採用選考を詰め込んでしまうと、日程調整だけでも大変になってしまう可能性があります。

 

求人広告に記載の内容だけでは情報不足なことがある

企業によって求人に記載してある内容の情報量は全く異なります。
また、記載してある給与金額の算定方法も違います。

どんな仕事をするのか明確な内容が書いてないと、給料が高くても、どんな仕事をさせられるか分からないですよね。

ブラックな企業だと、給与金額に普段出ないような手当まで全て入れ込んで無理やり高くしているところもあります。

求人を掲載している転職サイトは膨大な求人を掲載しているため、どうしても給与金額が実態に即しているかどうかまでは確認できないんですよね。

なので、求人内容だけで不明な点、不安な点は求職者自身が企業に直接問いあわせをしたり、選考が進む中の個別面談の際に確認する必要があるのです。

求人内容に信憑性があるのかどうかを見極める力も必要な時があるのです。

 

履歴書の書き方や面接対策などのサポートが受けられない

転職エージェントだと、求職者に専属のスタッフが必ず付くため、履歴書の書き方やら面接のテクニックやらは、自分で勉強しなくてもうるさいくらいに口出ししてくれます。

しかし、転職サイトでは専属スタッフはいないので、自分自身で履歴書の書き方を学び、面接対策で自己PRの内容やら、応募理由等を考えなければなりません。

どこの転職サイトにも基本的なノウハウは記載されていたりもするのですが、それを自分で確認し身に付けることが必要ということです。

求職者
求職者
そんなの勉強しなくても大丈夫~、きっと合格するよ~

と採用選考を舐めてかかる人は大抵第1志望の会社から内定はもらえません。

求職者
求職者
誰にも頼らなくても、自分で勉強して頑張れる!

という人であれば何も問題ないのですが、そうでない場合は転職エージェントに登録して専門家のサポートを受けた方が良いかもしれませんね。

 

不合格になった時の理由が分からない

転職サイトから応募し、採用選考に不合格になった時には、メールか電話で連絡があってそれきりです。

なぜ不合格になったかの理由は教えてもらえません。

もし選考過程で何か悪い点があったのであれば、どこを改善すれば良いか分からないため、自分で良く自己分析を行わないと、他の企業の選考を受ける時にピンポイントで改善することが難しいです。

 

転職エージェントの特徴

転職エージェントに登録すると、求職者1人に専属の担当エージェント(スタッフ)が1人付きます。

の専属の担当者が求職者の就職/転職活動をサポートしてくれるのです。

<一般的な転職エージェントの流れ>

  1. 転職エージェントに登録
  2. 専属の担当者が付き、個別面談を実施
  3. 求職者に合った企業、求人を紹介
  4. 採用選考に向けて専属スタッフと一緒に対策を練る
  5. 何回かの選考試験に合格すれば内定

 

転職エージェントを活用することのメリット

転職エージェントに登録すると、専属の担当者が付いてくれます。

そこが一番の強みです。具体的なメリットとしては以下のようなことがあります。

 

高い給与/待遇の非公開求人がある

多くの転職エージェントは非公開求人を扱っています。
企業が求める人材と求職者がマッチした時にのみ紹介してもらえる求人のことです。

中には高い専門的なスキル、知識を備えていないとマッチングできないようなものもあり、そういった求人は高待遇で給与も高く設定されていることが多いです。

非公開求人の中には年収1,000万円以上を確約するものまであります。

 

専属の担当者がスケジュール調整をしてくれる

担当となった専属のエージェントが企業とのやりとりは全て求職者の代わりにこなしてくれます。

求職者は選考試験の日程調整などに時間をとられないため、選考試験対策などに時間を費やすことが出来ます。

 

専任の担当者が企業に応じた的確な採用選考対策をサポートしてくれる

転職エージェントは企業との繋がりも深く、どのような選考試験を行うのか、どんな人材を求めているのかを熟知しています。

従って、求職者が応募する企業に合わせた対策を考えてくれるのです。

また、もし選考試験に不合格になった場合でもエージェントが企業の採用担当にヒアリングを行うことで、不合格理由もさしさわりのない範囲で教えてもらうことが出来ます。

次に応募する企業の選考試験で失敗を活かすことが出来ますね。

 

自分に合った仕事を紹介してくれる

多くの転職エージェントは扱う求人を出している会社に実際に赴いて直接取材をすることで、どんな仕事なのか・どんな社風や雰囲気の会社なのかを把握しています。

従って、求職者に個別面談や適性検査を行うことで、そこの企業、どんな仕事が合うのかを判断してくれて、アドバイスしてくれるのです。

転職エージェントを活用した方が内定後も定着率が高くなっています。

 

転職エージェントを活用することのデメリット

転職エージェントを活用することのデメリットとしては、以下のようなことが考えられます。

 

優秀なエージェントが専属に付くとは限らない

先ほど説明した通り、転職エージェントに登録すると専属のエージェントが1人つくことになります。

この担当者が優秀な方であれば何も問題ないのですが、人によっては、求職者の足を引っ張りかねないようなエージェントもいます。

また、単純に性格、相性が合わないだけでも就職活動、転職活動を阻害する場合があります。

 

利用している転職エージェント自体がブラックな可能性がある

運が悪いと登録した転職エージェントの運営会社自体がダメダメな場合もあります。

とりあえず求職者をどこの会社でも良いから就職させたいがために、求職者の意向に沿わないような求人ばかりを紹介されるような、求職者のことを全く考えていない転職エージェントがこれにあたります。

また、転職エージェントの中でスタッフをキチンと育成していないところもダメです。
求職者の専属となるエージェントは全員使い物になりません。

私も過去、企業の採用担当として働いている時に利用していた転職エージェントの中には

ホクホク
ホクホク
こいつはダメだ!

と感じるスタッフさんがいて、担当を変えてもらったのですが、新しい担当もダメダメでした・・・

結局その転職エージェントで優秀なスタッフはいなかったため、転職エージェントの人材自体が育っておらず、非常にレベルの低いところもありましたね。

 

転職サイトと比べると扱っている求人数が少ない

転職エージェントは企業の求人一つ一つまで内容をキチンと確認していることが多いため、転職サイトに比べると扱っている求人数は少なくなってしまいます。

転職エージェントの規模にもよりますが、数万件の求人数を扱っているところは非常に少ないです。

少ない求人の中でも、求職者にマッチした企業、職種を見つけるのが転職エージェントということですね。

 

住居の転居が必要となる可能性がある

求人数も少ないことから、本当に求職者とマッチングするような会社、職種を紹介するには、引っ越しが必要になる場合もあります。

あくまで求職者が何を優先するかですが、地方に住んでいる場合だと現在の住まいから通える距離の求人はなかなか見つからない場合があるため、理想の企業に就業するためには転居を薦められる場合があります。

 

まとめ

転職サイトと転職エージェントのメリット、デメリットをまとめてみましょう。

<転職サイトのメリット>

  1. 自分のペースで就職/転職活動が出来る
  2. 掲載されている求人数が多い
  3. オファー、スカウト機能があるサイトもある
  4. 検索条件が細かく設定できるサイトが多い

<転職サイトのデメリット>

  1. 採用選考などの日程調整は全て自分自身で行う
  2. 求人広告に記載の内容だけでは情報不足なことがある
  3. 履歴書の書き方や面接対策などのサポートが受けられない
  4. 不合格になった時の理由が分からない

 

<転職エージェントのメリット>

  1. 高い給与/待遇の非公開求人がある
  2. 専任の担当者がスケジュール調整をしてくれる
  3. 専任の担当者が企業に応じた的確な採用選考対策をサポートしてくれる
  4. 自分に合った仕事を紹介してくれる

<転職エージェントのデメリット>

  1. 優秀な人が専属になるとは限らない
  2. 利用している転職エージェント自体がブラックな可能性がある
  3. 転職サイトと比べると扱っている求人数が少ない
  4. 住居の転居が必要となる可能性がある

それぞれメリットデメリットがあるため、あなたに合う方を選んで利用してください。

もちろん、両方利用しても全く問題ありません。
どちらも使ってみることで、よりあなたの理想に近い就職先が見つかる可能性は高まるはずです。

このホクホク人生転職サイトでは、あらゆる転職サイトや転職エージェントをご紹介していきますので、是非チェックしてみて下さい。

転職サイト紹介記事一覧はこちら

転職エージェント紹介記事一覧はこちら

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です