仕事、退職、転職

仕事をしていて思い詰まった時、煮詰まった時の対処法。良いアイデアを出すには?

仕事に限らず、勉強をしたり、考えごとをしているときに

「あぁ、集中できないなー」

という時はありませんか?

集中できない時には良いアイデアは全く浮かびませんし、勉強をしている時には、いくら覚えようとしても全く頭に入ってきません。

こんな時はいくら頑張っても時間の無駄になるだけなのです。

少しでも時間を無駄にしないためにも、考えが行き詰った時に私が行っていることをご紹介します。

おまえがやってるだけかい!
と思わず是非やってみてくだい。

結構効果あるんですよ!

 

考える場所を変える

一番気軽に出来て効果テキメンな方法がこれです!
なんてったって場所を変えるだけですから。

私もこのブログサイトに投稿する記事の内容に煮詰まった時には色々な所に移動しながらノートパソコンを持ち歩いて記事を書くようにしています。

外だと公園とかカフェに居座ったり散歩したり気分転換しながら書き上げています。
場所を変えると、新鮮な気持ちになったり、リラックスしたりして新しいアイデアが浮かびやすいんですよね。

別に外に限った話ではなく、家の中でも実行することは可能です。

家の中だと場所は限られますが、マジメな方はずっと机にかじりついて仕事、勉強をされているかと思います。

しかし、30分、1時間と、時間が経つにつれてどんどん集中力がなくなります。
そんな時には、トイレに入って考えたり、ベッドの上に寝転がったり、ちょっとベランダに出て外の空気を吸ってみたり、空の浴槽に入ってみたり、家の中でも場所を変えることは可能です。

考えるだけならどこでも出来ますし、勉強だって本さえ読めればどこでもできるのです。

ちょっと集中力が途切れたなと思ったらどんどん場所を変えて頭の中を一新させて考える力を復活させましょう。

ネット検索でヒントを探す

勉強には流用できませんが、仕事や私のブログの記事でも、何かアイデアを出したい場合はネットサーフィンをしながら考え事をすると良い時があります。

ネットには色々な情報が載っていため、

「おぉ!これは使えるかも!」

という方法や考え方がいきなり見つかったり、何かしらのヒントとなり得る言葉があったり、棚からぼた餅的な発見があるかもしれません。

今自分が閃きたいアイデアに関するキーワードで検索しても良いのですが、アイデアが出ないということは考えが凝り固まってしまって柔軟考え方ができないということなので、検索キーワードも的確なものが思いつかない可能性の方が高いです。

そんな時には今考えていることと全然違うカテゴリについて検索したり、適当なニュースやブログを除いていてみると良いでしょう。

どこかの誰かが重要なヒントとなる言葉を残してくれているかもしれません。

ためになる知識を得ながら閃きを待つのであれば、新聞を読むのも良いですね。

世界各国、日本の時代の流れを掴むことはビジネスを継続するにあたって非常に重要なので、最新の流行、トレンドを取り入れたアイデアが生まれてくるかもしれません。

また、トレンドをつかむには、流行が生まれる街に実際行ってみるのも良いかもしれません。

場所を変えると頭も冴えますし、新しい文化が生まれる渋谷、原宿、秋葉原などに行ってみると、特徴的な人だったり、店だったり、商品が並んでいるので、アイデアを生む手助けになることが度々あります。

 

睡眠をとる

頭がボーっとするくらいであれば、考える場所を変えれば頭が冴えることが多いですが、眠気が襲ってきたとすると、もその日中に良いアイデアを閃くことはないでしょう。

そんな時には大人しく寝てしまった方が賢明です。

何時間考えていても時間を無駄にするだけです。

むしろ、よく睡眠をとって朝起きた時にパッと閃くことがあります。

朝目が覚めて気分一新の時に、

「あぁ!なんか新しい考え方ができそう!」

となることがありませんか?

気分が落ち込んでいる時に一番良いのは睡眠だそうです。
朝起きると、何でちょっとしたことでクヨクヨしてたんだろう、と思うことが私も良くありますが、アイデアもこれと同じような感じで出てくることがあります。

何で昨日はあんな考え方しかできなかったんだろう・・・もっと簡単に考えればよかったじゃんかー。

と思うことが度々あります。

根を詰めて考えると、どうしてもややこしい考え方をしてしまうようで、その結果出たアイデアは非常にややこしく、他者に説明しづらいことが多かったりします。

それに比べて、頭がすっきり冴えた時に浮かんだアイデアは非常にシンプルで整合性がとれているものが多いです。

これは私の経験談ですが、ずーーーっと考えていて良いアイデアが出ることはごくまれで、色々な場所を散歩していたり、目が覚めて頭がスッキリした時にパッと出るアイデアの方が質が高いことが多いんですよ。

 

まとめ

考えが煮詰まった時にアイデアを出す方法をいくつかご紹介しましたが、自分の頭で振り絞って出でてくるアイデアというのは、結局自分の持っている知識が元になります。

あなたが知っている知識を活用したアイデアしか出ないのです。

今は何でもネットで調べられる時代となりましたが、そのネットで調べられることを仕事等に活用するには自分の中で情報と運用方法、活用方法を紐づけなければなりません。

つまり、良いアイデアを出すためには、あなた自信の知識の量も関係しています。

子供の頃にはよく勉強しろ勉強しろと言われるでしょうが、実は大人になってこの基礎知識、考え方が非常に役立つのです。

私は勉強嫌いだったので、社会人になってから非常に苦労しています。

いまさらながらもっと勉強しておけばよかったなーとひしひし感じています。

国語力があれば今書いているこの記事ももっと分かりやすく書けたはずです。

学生時代には

「何のために勉強なんかするんだ!」

と感じていたものですが、社会に出てからその知識が総合的役立つのです。

どんな知識でも無断になることはありません。

社会人になっても勉強はできますので、やる気がある方はじゃんじゃん勉強して知識を吸収してください!

今はネット上でちょっとした隙間時間に学習できるEラーニングのサービスも多く提供されています。

中でも「ウケホーダイ」は月額980円からという格安料金で色々な資格の講義が受け放題なので非常にお薦めですよ!

月額定額サービス【ウケホーダイ】

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です