待遇、労働環境

自分の給料/待遇は他社と比べて高い?低い?相場と比較確認する方法とは

今自分のもらっている給料や待遇が世間の相場に比べてどれくらい高いのか、もしくは低いのか気になったことはありませんか?

普通はとても気になるはずです。

あなた
あなた
もし自分が他の会社で働いていたら今頃どれくらいの給料になっていたんだろう・・・?

と思うのはごくごく自然な感情だと思います。

今の給与が他社に勤めていた場合に比べて数百万も少ないのであれば転職を考えるキッカケになります。

逆に今の会社で多くもらえていることが分かれば多少嫌なことがあっても今の会社を退職せずに続けようと思うことが出来るはずです。

そんな自分の市場価値、つまり給料水準について確認できる方法についてご説明していきたいと思います。

自分の市場価値診断ツールを利用する

転職サイトの中には、求職者に役立つ自己診断機能が付いているところがあります。

転職サイトは基本的に完全無料で登録することが出来ます。

つまり、転職サイトの中の自己診断機能も無料で利用することが出来るのです。

転職活動をする気がなくても、サイトに登録さえしてしまえば自己診断機能は活用することが可能です。

市場価値を算定する正確さはサイトによって異なりますが、私のお薦め大手転職サイトの「リクナビNEXT」と、スカウト型転職サイトの「ミイダス」です。

どちらのサイトもあなたの今までの経験や持っている資格、スキルや学歴などを総合的に評価してあなたの市場価値を算出してくれる分析機能が付いています。

何万人もの求職者の情報を元に給与額を算定しているため、結構信憑性の高い給与額が算出されます。

まずは軽い気持ちで市場価値を算定してみると良いでしょう。

今の職場と算定された給与金額があまり変わらないのであれば安心して現職場で働くことが出来ます。

逆に今もらっている給料よりもめちゃくちゃ高い給与額が算出されたのなら、転職活動にチャレンジしてみるキッカケになります。

本当はもっと給料をもらえる能力を持っているのに、世間の相庭よりも低い給料で働かされていることはよくあるんです。

まずはリクナビNEXTやミイダスに登録してみて自分の給料相場がどれくらいなのかを確認してみるのが良いでしょう。

転職エージェントに登録してみる

あなたの市場価値を確認するために転職エージェントに一度登録してみるのもお薦めです。

転職エージェントとは、あなたの経験やスキル、資格などを聞き出すことでその能力に見合った求人を紹介してくれるサービスのことです。

世の中にはたくさんの転職エージェントがありますが、あなたが今している仕事と同じ業界や職種に特化した転職エージェントを利用するとよりあなたに合う求人を紹介してくれるでしょう。

そして、紹介してもらった求人の給与額や待遇を現職でもらっている給料や待遇と比較してみると良いでしょう。

今の仕事でもらっている給料よりも高い給与水準の求人ばかり紹介してもらえる場合は今現在安月給で働かされているということです。

金額にあまりに乖離がある場合にはすぐに転職する方がよいでしょう。

ただし、注意点として給料の金額だけではなく家賃や賞与、その他福利厚生についても総合的に考えるようにしましょう。

基本給が年収100万円高い求人を紹介されても、家賃手当が一切出ない場合、家賃が出ている今の職場の方が実は手元に残るお金は多いということがあります。

転職エージェントでは基本給の違いはもちろん、福利厚生はどのようになっているか、求人の内容にはとても詳しい転職のプロがいるため、気になる事があれば全て聞いてみましょう。

求人を出している会社へ直接問い合わせするのは気が引けますが、登録している転職エージェントのスタッフなら気軽に質問することが出来ますからね。

転職サイトで比較してみる

転職サイトだとたくさんの求人が一度に確認できます。

そのため、あなたの現職に似た求人があればその給与金額や待遇と比較してみるのも良いです。

ただし、転職サイトだと求人の概要に書かれている以上のことは分からないため、正確な比較は難しいというところが難点です。

掲載されている求人は膨大なのでとにかくたくさんの求人を見てみたいという人には向いています。

たくさんの求人が掲載されているおすすめなサイトはやはり大手の転職サイトでしょう。

「リクナビNEXT」「doda」といった大手のところはとにかく膨大な数の求人を検索することが出来ます。

その中からあなたの働いている地域や業界、職種が似ているものをピックアップして比較してみると面白い結果になるかもしれませんよ。

まとめ

今まで転職経験がない人だと、今自分がもらっている給料が適性かどうかは全然分からないと思います。

もしかしたらあなたの思う以上に安月給で働かされているかもしれません。

もしそうならば非常に勿体ないです。

転職することで年収が数百万円上がるかもしれないのですから。

10年で考えると数千万円損している可能性もあります。

世の中にはたくさんの会社があります。

今あなたが働いている会社が全てではないのです。

新卒で入社し、真面目に働き続けているとどうしてもそのことを忘れがちです。

給料が低くても、今の会社/職場がとても居心地が良かったり、仕事にやりがいがあるというのであれば転職しない方が良いかもしれません。

しかし、特にそういった特別な感情が今の会社、職場にないのであれば、一度自分の市場価値を確認してみることを強くおすすめします。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です