仕事、退職、転職

うつ病で退職後、再就職活動に焦りを感じたらプロに相談すべき4つの理由

うつ状態の時には本来治療に専念し、完治してから就職活動を始めるのが望ましいですが、どうしても気持ちが焦ってしまう人もいるでしょう。

  • 早く次の就職先を見つけたい
  • もし就職しても前の職場みたいにブラックだったらどうしよう
  • うつ病が再発/悪化しないか不安
  • うつ病のことを選考で言うべきか悩む

このような悩みや焦りが頭の中をよぎるのではないでしょうか。

私も過去うつ状態であり、特に誰にも相談などせず転職活動をしていましたが全くうまくいきませんでした。

この不安や焦りを取り除くためにはその道のプロに頼るべきです。

就労移行支援という支援サービスを利用するとうつ病をかかえた人などを対象に就職活動をサポートしてくれます。

うつ病などの障害を持っている人の相談に乗ってくれて就職に必要なスキルを学ぶこともできるのです。

抱えている不安や悩みを一つ一つ排除しながら先へ進むことができます。

再就職活動に焦りを感じたらプロに相談すべき4つの理由

再就職活動を行うには自分だけで頑張るのではなく、就労移行支援というサービスを利用するのがおすすめです。

就業移行支援サービスは障害や病気を持っている人のサポートを専門にしています。

うつ病などの精神的な人の支援を専門にしているところもあれば、身体的な障害に特化している就労移行支援もあります。

どんな就労移行支援でもプロのスタッフが在籍しており、就職活動のサポートはもちろん、いつでも親身になって相談に乗ってくれます。

具体的には以下のようなメリットがあります。

  • うつ病の治療をしながら就職活動ができる
  • 就職先で活躍できるスキルが身に付く
  • あなたの能力で活躍できる仕事を探してくれる
  • うつ病に理解のある職場を紹介してくれる

それでは一つ一つ解説していきたいと思います。

うつ病の治療をしながら就職活動ができる

就労移行支援では何か障害や病気を持っている人のサポートを専門としているスタッフが在籍しています。

うつ病を専門としている就労移行支援を利用すればあなたの精神的負担にならないよう、あなたのペースに合わせた就労訓練や就職活動を提案してくれるのです。

就職するために頑張りすぎてうつ病が再発したり悪化しては意味がないですからね。

あなたが無理なく就職活動を進められるようにプロがペースを調整してくれるのでとても助かりますよね。

自分だけで就職活動をしてしまうと、無理をしすぎてうつ病がなかなか治らないということもありますからね。

就職先で活躍できるスキルが身に付く

就労移行支援ではそれぞれ独自の就業訓練プログラムを用意しています。

多いところでは数百ものプログラムが用意されており、基本的なビジネススキルから、かなり専門的なものまで色々です。

具体的には、以下のようなプログラムがあります。

<就労移行支援で受けられるプログラムの例>

  • 基本PCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント)
  • ビジネスマナー
  • ストレスマネジメント
  • コミュニケーションスキル
  • プログラミング
  • 英会話
  • 中国語会話
  • 簿記
  • WEBマーケティング

などなど、非常にたくさんの訓練プログラムがあります。

就職活動をしながら実践的なスキルも学べるため、あなたが就職したい業界のスキルを伸ばしながら就職活動を進めるのが良いでしょう。

この就業訓練を通じて色々なスキルを身に付けることができれば就職先の業界も広がりますし、より給料が高い求人にチャレンジできるでしょう。

あなたの能力で活躍できる仕事を探してくれる

就労移行支援のスタッフがあなたの病状やスキル、能力を総合的に加味して一緒に仕事、職場探しを手伝ってくれます。

あなた
あなた
自分のスキルや知識でこの職場で働けるかどうか不安

と不安に思っていると

就労移行支援スタッフ
就労移行支援スタッフ
プログラムを通じてスキルを習得されているので、この職場であればバリバリ仕事こなせると思いますよ

などのアドバイスしてくれます。

就労移行支援のスタッフは応募先の職場や仕事内容の内部情報に詳しいため、具体的なアドバイスをしてくれるのです。

あなたが一人で就職先を探そうとすると、

あなた
あなた
本当にここで働けるかな・・・

という不安が常につきまといますが、就労移行支援だとプロがあなたのスキル、知識で即戦力として働ける職場を提案してくれるのです。

うつ病に理解のある職場を紹介してくれる

就労移行支援から職場を紹介してもらえる場合はうつ病などの障害に理解のある職場だと思って良いです。

障害、病気を持っている人が就職してもすぐに退職してしまうような定着率が低い職場は紹介されません。

つまり、採用選考であなたが現在うつ病だったり、過去うつ病だったということを隠す必要はないのです。

万が一入社してからうつ病が再発、悪化しても、理解のある職場なので病気の治療に積極的に協力してくれるはずです。

自分で転職サイトなどで求人を探すと思わぬブラック企業へ入社してしまうおそれがあります。

就労移行支援を利用して入社が決まると、せっかく入社してもふたを開けるとブラックな企業だったという可能性が限りなく低いのです。

就労移行支援にかかる料金は?

就労移行支援は福祉サービスであり、前年の世帯収入でどれくらいの料金がかかるかが決まります。

料金表は以下の通りです。※厚生労働省のホームページより

この料金表で費用負担が発生しそうでも、その他条件によって減免になる可能性があります。

ほとんどの就労移行支援サービスでは利用者の9割で利用できているので、減免の対象となる要因は色々あるのでしょう。

実際料金がかかるかどうかは自治体の行政窓口に問い合わせが必要となります。

また、就労移行支援のスタッフでもある程度は分かるため、気になる就労移行支援に問い合わせしてみるのも良いですね。

うつ病の人におすすめな就労移行支援サービス

うつ病の人のサポートに特化した就労移行支援はたくさんあります。

就労訓練のプログラムは利用する就労移行支援によって異なりますが、どこもサポートは手厚いです。

なので、どの就労移行支援を利用しようか選ぶ時は、まずは家から通える距離に事業所がある就労移行支援の事業所を最初に見学してみましょう。

次にあなたが求めるスキルを習得できるかどうかで判断すると良いと思います。

就労支援移行サービスのうち特におすすめな3つの支援を別記事で紹介しているので、そちらも確認してみてください。

うつ病や適応障害の人におすすめ就労移行支援サービスまとめ3選現在うつ病を抱えており、今の仕事に耐えられず転職活動をしたいけどとても不安を感じている人は多いのではないでしょうか。 私も新入社員...

まとめ

うつ状態の時に焦りを感じて、自分だけの力で就職活動を進めてしまうとなかなかうまくいきません。

少しでも不安をなくし、スムーズに仕事探しができるよう、その道のプロを頼るのが一番です。

プロを頼りつつ再就職活動を進めると精神的な負担も楽になります。

精神に負担をかけなければうつ病が悪化することもなく、治療のスピートもあがるでしょう。

自分のペースに合わせて仕事探し、求人探しをしていくのが良いですね。

就労移行支援ココルポート(Cocorport)の特徴と申し込み方法※旧Melk今回は精神的な疾患、障がいだけでなく、知的障がい、発達障がい、身体障がいなど、何かしらの障がいを抱えている人を総合的に包括する就労支援サ...
うつ病、適応障害でも面接合格できる!転職を成功させる支援サービス「シゴトライ」とはうつ病や適応障害といった精神疾患の人は年々増えています。 私の周囲でも毎年のように精神的に病んでしまい、会社を長期に休んでしまう人...
【うつ病の転職】障害者手帳なしでも利用可能な就労支援りたりこワークスとはうつ症状など、精神的な疾患を抱える方が長く働ける職場を一緒に探してくれる就労支援サービスが「りたりこワークス」です。りたりこワークスを利用する人で最も多いのがうつ、適応障害などの精神的な障がいを持っている人です。ま障害者手帳を持っていなくても診断書があれば利用することができます。...
ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。採用担当の仕事を経験し、転職サイトや転職エージェントともやりとりをしてきた。自身も転職活動経験済み。その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。楽して稼ぎたいという気持ちと、身近な友人や同僚が仕事の精神的苦痛で自殺してしまったショックから、少しでも仕事に悩む人を救いたいという両極端な気持ちからブログを始めた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です