仕事、退職、転職

適応障害、うつ病になったらどうすれば良い?転職が完治への近道かも

「適応障害」と「うつ病」の違い

私が工場に勤めている間、この病気になってしまう人が何人かいました。

病状はなんとかなくイメージできるのではないでしょうか?

どちらの病気も落ち込んでいる状態、暗くなったり不安になったりする状態が続いたりすることが続きます。

これらの病気を明確に分けることは難しいようですが、違いは病気にかかる原因にあるようです。

 

  • 適応障害:上司に怒られた!等の具体的に特定できる事象が要因で発症
  • うつ病:発症要因が特定できない。生活環境、職場環境のストレスなどのストレスが引き金で発症

 

このような違いがあります。

確かに私の職場では「うつ」と診断されるよりも「適応障害」と診断される人の方が圧倒的に多かったですね。

私が勤めていた時に病気になったのは全部で8人

そのうち

 

うつ病:1人、 適応障害:7人

 

上記の通りほぼ全員適応障害です。

職場で起きた何かが原因で発症していることがほとんど。ということですね。

思い返してみると、なかなか厳しい上司もいたり、中には理不尽なことで怒る人もいましたね・・・

 

うつ、適応障害になった後は同じ職場で働けるのか?

先に結論を言ってしまいますが、私が人事としていろいろ対応してきた経験上

「難しい・・・」

と思います。

ほとんどの会社は病気を治すために協力してくれるはずです。

 

  • 長期休養をとらせる
  • しばらくの間、短時間勤務にする
  • 人間関係が要因であれば作業場を変更する
  • 仕事が合わなければ工場だと現場→事務所、事務所→現場への異動
  • 定期的に上司や人事担当と面談してカウンセリングを行う

 

このような対応はしてくれるでしょう。

しかし、なかなか良くならないんですよね。
うつや適応障害を少しでも早く完治させよう!

という気持ちはみんなすごくあるのですが、気持ちばかり焦って、逆にそれがプレッシャーになっているようにも感じました。

皆さん真面目だったんです。

というか、マジメな人しかうつ病とか適応障害にはかからないんだと思います。

チャランポランな従業員がこれらの病気にかかっているところは見たことないですから・・

職場が原因で発症した場合に、みなさん口を揃えて言うのが、

「家にいる時は普通なんですが、会社に出社しようとすると気持ちが悪くなって吐き気がしてくる」

です。

しばらく休んでもらうと、出社してすぐは大丈夫なのですが、徐々に再発することがほとんどです。

すぐに治る人なんて一人もいません。

確かに、長い期間かけて完治した人はいます。

 

1か月間の長期休養

作業場を変更して3か月間の短時間勤務

医者から完治宣言されたものの
「病気が発症した時の仕事には戻らない方が良いかも」
とアドバイスされる
・・・あれ?「完治」じゃないの???

医者のアドバイス通り、作業場を変更してフルタイムで従事

 

と、ここまでのことを行ってようやく普通に出社できるようになったのです。

ちなみに、退職せずに復職できたのは8人中1人でした。

復職するまで、従業員からは常に謝られ続けました。

「会社に迷惑かけて本当にすみません、すいみません・・」

と会う度に言われます。

なんてったってマジメですからね。 気にしなくいいのに・・

病気になった8人のうち、一番長い人で約1年間一緒に治療を頑張ったのですが、結局退職してしまいました。

病気にかかった時、会社から

「復職に向けてがんばる?退職する?」

という質問に対して

8人中8人全員が復職に向けて頑張ることを選びました。やっぱりマジメです・・

でも、せっかく頑張ったのにほとんど全員退職するという結果です。

この結果を聞いてみてみなさんどう思いますか?

もしあなたがうつ病や適応障害にかかっているのであれば、

 

「頑張って治療しよう!」

 

と思っているのではないでしょうか?

その頑張らなければ!という想いが病気を悪化させている要因のように私はずっと感じていました。

良くない提案なのかもしれませんが、一度現実から逃げてみてはいかがでしょうか?

失踪しろと言っているのではないですよ。

病気が発症するほど頑張ったんだから、一度自分を褒めてあげてください。

そして、退職することを選び、一度リセットすることも良い考えだと思います。

勇気を出して退職をして、他の会社でやり直してみてはいかがでしょうか?

転職先でも仕事ができるかどうか不安であれば、うつ、適応障害の方向けに転職をサポートしてくれるサービスもあります。

サポートの会社には専門のアドバイザーもいます安心して話を聞きに行ってみてください。

特に就労支援サービスの「シゴトライ」では実践的なスキルアップ研修や同じ悩みを持ちながら就職活動をしている仲間とも出会えるコミュニケーションの場もあります。

本当にサポート制度が充実していておすすめですよ。
ただ、事業所は秋葉原と大阪なので、通える方はちょっと限られますね。

シゴトライに関する記事はこちら

 

あわせて紹介させて頂きたいのが、関東圏全域に事業所を構える「Melk」です。

こちらも個性的な就労サービスを受けることができます。

音楽治療プログラム、農業プラグラムといった個性的なものもあります。

Melkに関する記事はこちら

 

また、精神疾患を抱える人を含めた障がい者に理解のある企業が集まる合同面談会も定期的に開催されています。

「サーナ就職フェスタ」といって、東京、大阪、名古屋、福岡などの主要都市で定期的に開催されているため、参加して色々な企業と話をしてあなたに合った働き方を探してみるのも良いかもしれませんね。

サーナ就職フェスタに関する記事はこちら

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です