待遇、労働環境

工場勤務で良くある悩み「体力、力がなくて仕事に付いていけずつらいんです」

こんにちはホクホクです。
今日は工場の従業員から良く聞いていた悩みについて書いていきたいと思います。

 

入社直後に良く聞く悩み

私は工場の採用担当だったので、入社直後の入社時教育みたいなこともやっていました。

入社したての人にとっては一番話をする人だったんですね。

最初は悩みを言える人ももちろん私しかいないわけです。
そこで良く聞く悩みの第1位が

 

「私、力があまりないので、体力が持つか不安です・・」

 

この悩みは女性に限らず、男性からも良く相談されていました。

そこで私がするいつもの返答が

「いや、心配しなくても全然大丈夫だから!」

です。

これ、全く嘘じゃないんです。

人間の体って本当に凄くて、すぐに慣れる、、、というか仕事に合った身体になっていくんでしょうね。

その証拠として私の実体験があります。

 

私も入社直後は工場現場に入ってバケツに重た~い液体を汲んで、機械に流すという作業を行っていました。

3kgくらいの重さなので一回の作業では何ともないのですが、一日に何回も何回も繰り返し行うとさすがに体が悲鳴を上げてきました。

もっと機械設備について知識が付いてくると色々な作業を任せてもらえるのですが、新入社員はこういう簡単な作業を繰り返しながら機械のことを覚えていくしかないんですよ。

1日現場作業に勤務しただけで翌日には酷い筋肉痛が襲ってきました・・・

それから2日目は筋肉痛がより酷くなり、3日目にもその痛みは継続し、

「この仕事続けるの無理なんじゃないかな・・」

と思っていました。

 

そして4日目

「はぁ今日も作業きつかったな~」

と思いながら就寝した翌日、目が覚めると、少し筋肉痛が収まっていたのです!まだ痛いっちゃ痛いのですが、1日目、2日目に比べればだいぶマシ。

なんとか1週間仕事をやり切り、初めての週末を迎え、休み明け出勤する頃には筋肉痛がほとんど収まっていました。

慣れたのか筋肉がついたのかは良く分かりませんでしたが、その時初めて人間の身体って凄いんだなぁと本気で感じました。

それから1か月もすると3kgのバケツが軽いのなんの。

一日何回重い物を持ち上げようが平気になっていました。

おまけで痩せマッチョというステータスまで頂きました!。

お金がもらえるライザップみたいなものですね。

私も昔はライザップのCMみたいな感じだったのに今では脂肪ダルんダルんのちょいぽっちゃり体質です(泣)

この「重い物を扱う仕事」に慣れる時期は人によって違います。

スポーツが趣味の人は最初からキツくない人もいるでしょうが、私なんて大学時代、家でひたすらゲーム、ネットしながらグータラ生活していた直後の工場勤務だったので全然筋肉なかったんですね。

だから尚更きつかったんですねー。

なので、一般的な男性は1週間で筋肉痛が収まり、1か月頑張れば余裕で作業をできるようになるかと思います。

女性はもう少し時間がかかります。

女性には最初あまり重い物を持たせない配慮はあるかと思いますが、入社直後全く重い物を持てなかった女の子も徐々に重い物も扱うような作業を任せられるようになり、3か月経つ頃には、

 

「私、筋肉ついて10kgの重さがある荷物持てるようになったんですよーー」

 

と自慢げに報告されました。

今まで腕立てすらできなかったらしく、重い物を持てるようになったのが非常にうれしかったらしいのです。

私や女子新入社員の体験からも分かるように、大体半年以内には工場の仕事を苦労することなくこなせるようになります。

重い物を扱う作業以外にも手先の器用さが必要となる作業もありますが、このような器用さが求められる仕事も一緒です。

手先の器用さが必要な作業は男性より、女性の方が先に慣れることが多いです。

もしあなたが半年以上工場に勤務していて、まだ重い物を扱うのに苦労し続けていたり、細かい作業を行うのに手先が動かず、全く慣れないというのであればその時は本当に仕事が合っていないのだと思います。

その場合は無理せず、他の自分に合った仕事に転職しましょう。

計算が得意であれば経理の仕事を探せば良いし、他人と関わるのが好きなのであれば接客業に就けば良いのです。

別に最初に入った会社が全てではないので

 

「この会社は無理だ!」

 

と思ったら次を探せば良いのです。

無理して仕事を続けると、「うつ病」や「適応障害」といったなかなか治らない病気にかかってしまいます。

仕事を頑張ることも大事ですが、頑張りすぎることは良くないのです。

時には引き際を見極めることも大事なので、転職することを決めたらますは退職に向けての準備を行いましょう。

退職の準備は「退職を会社に言うまでに準備することまとめ」の記事にまとめてあります。

退職の準備することと同時に転職サイトにも登録しておきましょう。

どんな仕事がどれくらいの給料で募集しているのか比較することができますし、企業側からあなたを雇いたい!とスカウトがくることもあります。

会社の方からあなたが必要です!と言われたら嬉しいですよね?

さら待遇が良い会社からのスカウトだったら万々歳です。

会社からのオファーをウキウキしながら待ちたい方はこちら



派遣社員として働きながら自分に合っている仕事かどうかを良く吟味したい方はこちら

 



今の会社を続けるもよし!転職するもよし!
どちらでも正解ですが、頑張りすぎないことだけは必ず守ってほしいです!私は頑張りすぎて逆に仕事を続けられなくなった人を見ていますので何事もほどほどが一番だと思います。

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です