待遇、労働環境

モチベーションが上がらない/やる気が起きない仕事は続けない方がマシ

皆さんは今の仕事にやりがいに対してモチベーションが上がったことはありますか?

「仕事が趣味!」

というような人以外は

「いやいや、仕事に対してモチベーションが上がることなんてない」

と思われるかもしれません。

確かに、基本的に仕事はダルいです。

私だって何もせずに収入が入ってくるならそれが一番です。

しかし、ほとんどの人は仕事をして働くことでお金をもらって生活しているはずですね。

常に仕事に対してモチベーションを上げろと言っているわけでありません。

たま~にで良いので仕事に対してモチベーションが上がる時があるかどうかという点が大事なのです。

それに、人によって仕事の合う合わないはあるものです。

私も色々な職種、仕事内容を経験してきましたが、自分に全く合わない仕事はとにかくやり甲斐を見いだせす、全くモチベーションが上がりませんでした。

偉い人のご機嫌取りみたいな部署の仕事をしていた時はとにかく嫌でしたね・・・

何が悲しくてずっとゴマすりみたいな仕事をしなきゃならないのかと思ったものです。

生産性なんてまったくありませんでしたし、私には全く向きませんでした。

この頃は私の上司からの評価も低かったです。何しろやる気がないのですから!

モチベーションが上がらずに数年我慢して、ようやく次の部署異動するのですが、その次の部署はとても自分に合っていました。

私の会社は多くの事業所が存在するのですが、その事業所の業務のルールを作成したり統一したりするような仕事で、とても楽しかったですね。

何より、キチンとしたルールや作業方法を確立すると、各事業所の実務担当者の業務が楽になっていくことで、感謝されるし、頼りにされるのです。

多くの人からの感謝が今も私のモチベーションになり続けますし、ルール策定って、結構会社にとっては大きな改革なので、自分で考えたルールが定まったっというのもちょっと誇らしいですしね。

こうしてモチベーションが上がり、仕事に対するやる気も上がったことから、上司、周囲からの評価は比例して上がりました。

中堅社員
中堅社員
何年も今の会社で働いているけどモチベーションが上がる事なんて一切なかったなぁ

という人は今の仕事を続けるべきではないかもしれません。

モチベーションが上げることのできない仕事ではあなたの成功や勝利を掴むことはできない可能性の方が高いのです。

 

仕事に対してモチベーションが上がる時とは?

モチベーションが上がる理由は何でも良いのです。

今の仕事を頑張ろう!と思える瞬間があるかどうか思い返してみてください。

例えば以下のような場合が多いでしょう。

<モチベーションが上がる瞬間>

  • 昇進、昇格した
  • 上司、先輩、同僚に褒められた
  • 後輩に頼りにされた
  • 給与が上がった
  • 給与が高い
  • 大きなことを成し遂げた実感、達成感がある
  • 友人に自慢できるような仕事をしている

などなど、本当に何でも良いのです。

たまにモチベーションが上がってやる気になることが出来る仕事であれば継続する価値がある仕事だと思います。

 

モチベーションが上がらない仕事をさせる会社はブラック企業

そもそも、モチベーションが上がった記憶がない!やる気が出ない!上司からの評価も低い!

と感じさせる会社はブラック企業の可能性が高いです。

どんな仕事、職種であろうと、しばらく継続して従事すると何かしらの成果が出て評価されることが普通です。

もちろん、あなたが何の成果も出さなければ評価はされませんが、あなたは会社の指示で今の部署で今の仕事をしているはずですし、あなたのことを採用したのも今の会社です。

つまり、今勤めている会社としては、

人事担当
人事担当
あなたはうちの会社で十分活躍できるし、配属先となる部署、仕事内容でも一定の成果を出せるだろう

と判断して採用しているのです。

なのに成果を出せない人が出るということは会社側の判断ミスでもあります。

その場合はすぐに部署異動になるかもしれませんが、そんな判断ミスをする会社なので、異動先の部署もあなたが活躍できる部署をキチンと選んでくれるかどうかは正直微妙です。

単に人手不足の部署に異動させて、結局仕事内容が合わずに実力が発揮できないケースも非常に多いです。

そういった会社は教育制度も整っていないため、人材育成がキチンとできていないことも多いのです。

 

今の会社から戦略的撤退をしてモチベーションが上がる仕事を探そう

今の会社、職種、仕事内容で全くモチベーションが上がることがないのであれば、間違いなく転職をすべきだと思います。

これは決して“逃げ“ではありません。

“戦略的撤退”なのです!

あなたが苦手とする戦場で戦っても絶対に勝てないのですから、得意とする戦場を見つけて、そこで戦えば良いだけの話なのです。

海の中で潜水艦相手に戦車で戦えと言われても無理な話しですよね?

従って、戦車が得意とする陸地の戦場を探すことが大事なのです。

転職活動はこの戦場探しみたいなものなのです。

自分は戦車なのに、今の会社、今の仕事は海の中で戦わせられていると思うとなんだか納得できませんか?

そんな合わない仕事はさっさと辞めてしまって、陸地で戦える、あなたに合った仕事を早く探すべきでしょう。

 

まとめ

もし今の仕事がうまくいかなかったり、上司からの評価が低かったりするのであれば、単純にあなたに合っていない仕事のなのかもしれません。

モチベーションが上がらない、仕事に対してやる気が起きた試しがないという人は、是非自分に合った会社、職種、仕事を探してみてください。

特に、最近の転職サイトでは今の給与以上にもらえる求人のみに絞って探すことも出来ますし、スカウト機能も付いています。

給料を下げずにしかも企業側からスカウトしてくれて楽に転職活動が出来るなら転職活動してみようかな?と思う人も多いのではないでしょうか?

また、よりあなたの希望に合った転職先を探したいのなら転職エージェントを利用すべきです。

あなた専任の担当エージェントが1人付いてくれて、希望に合った求人を探してきてくれますし、転職活動に関するアドバイスもたくさんしてくれます。

あなたの得意分野が医療系、SEというように定まっているのであれば、業界特化型の転職支援サービスを利用するのもお薦めです。

大手転職支援サービスだとあらゆる業界の求人を取り扱っていますが、各分野に対する知識が浅くなってしまいます。

業界特化の転職支援だと、その職業の経験者がエージェントを務めていたりするため、より具体的なアドバイスをもらえたり、求人を出している会社の実態にも詳しいことが多いです。

このサイトでも色々な転職支援サービスを紹介しているため、あなたに合った転職支援を是非見つけてみてください。

一つの転職支援で不安な人は複数の転職支援サービスをフル活用して自分に合った戦場を探しましょう!

転職サイト紹介記事一覧

転職エージェント紹介記事一覧

ABOUT ME
ホクホク
ホクホク
30代男性。長年工場で採用担当の仕事を経験し、その後、総務・経理・企画等、事務系の仕事は一通り経験する。 一番悪戦苦闘していた人材採用の実務経験を活かしてみんなにアドバイスできるブロガーになろうと鋭意努力中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です